もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

日本の社交ダンス界

「アメリカンソーシャル」社交ダンスとは一体何か?

先程紹介したイベントについて、 mochineco.hateblo.jp なぜ「アメリカン」で「ソーシャル」なのか? そもそも「アメリカンソーシャル」ってなに……。 聞き慣れない単語に、そのように、疑問に思われた方もいるのではないだろうか。

「アーサー・マレーダンスセンター サウス東京スタジオ」のまとめ

JDSF社交ダンス部のブログで、アメリカンスタイルを中心に教えているアーサー・マレースタジオの東京スタジオが紹介されている。

助川 友朗のことば(ワールドスタイル)3

日本において、ワールドスタイルダンス(日本ではこの名称を使っているが、ドイツで開発されたワールドダンスプログラムのこと)を広めている助川 友朗氏の言葉。

助川 友朗のことば(ワールドスタイル)2

日本において、ワールドスタイルダンス(日本ではこの名称を使っているが、ドイツで開発されたワールドダンスプログラムのこと)を広めている助川 友朗氏の言葉。

助川 友朗のことば(ワールドスタイル)

日本において、ワールドスタイルダンス(日本ではこの名称を使っているが、ドイツで開発されたワールドダンスプログラムのこと)を広めている助川 友朗氏の言葉。

井上 淳生(いのうえ あつき) 研究のまとめ 内容編③

「舞踊と音楽の不可分性:日本の社交ダンスにおける「音楽を踊る」試みに注目して」から 「舞踊と音楽の不可分性:日本の社交ダンスにおける「音楽を踊る」試みに注目して」から 舞踊と音楽の不可分性:日本の社交ダンスにおける「音楽を踊る」試みに注目して井…

井上 淳生(いのうえ あつき) 研究のまとめ 内容編②

「カップル空間の共同性」から 「ダンスの人類学の概観と展望」から 「なぜ、ステップを知らないと踊れないのか? ―日本の社交ダンスにみる『ダンス規制』と身体の規格化̶」から ■文化人類学からみた社交ダンス(前篇) ■文化人類学からみた社交ダンス(後編) …

井上 淳生(いのうえ あつき) 研究のまとめ 内容編①

井上氏の研究の特徴

日本におけるアーサー・マレーとアメリカンスタイルの流入

森清華(もりさやか)のLife is the journey 第60回 藤井洋介

今回は、アーサーマレーダンスセンター サウス東京 フランチャイジー 藤井 洋介さんのストーリーをお届けします! アーサーマレーは、100年以上の歴史を持ち、世界22カ国260以上のスタジオを持つ米国の大手ダンスカンパニー。アメリカンスタイルのダンスを展…

井上 淳生(いのうえ あつき)研究のまとめ

元JBDFの競技選手であり、現役の文化人類学者で社交ダンス研究を専門としている。 拠点は北海道。 昔書かれていたブログ ainoue.net