もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

「連邦無形文化遺産保護優良事例登録制度」「パートナーダンスのためのワールドダンスプログラム(ヴェルトタンツプログラム:WTP)」

「連邦無形文化遺産保護優良事例登録制度」
「パートナーダンスのためのワールドダンスプログラム(ヴェルトタンツプログラム:WTP)」
Register Guter Praxisbeispiele Immaterielles Kulturerbe
Welttanzprogramm (WTP) für den Paartanz

www.unesco.de

 

ドイツにおけるワールドダンスプログラムの2018年の記事。

 

ドイツで開発されたパートナーダンスのためのワールドダンスプログラムは、音楽への共同作業をする一組のムーブメントの世界的に成功した方法論です。これらの開かれ、包括的なモデルプログラムは、あらゆる年齢や状況に合わせて敷居の低いのダンス教育を提供しています。同時に、パートナー間での尊重する礼儀作法の重要な社会的価値や実践的な社会的マナーを伝えます。

 

パートナーダンスの内容と方法論の基盤としてのワールドダンスプログラム(WTP)は、毎日何千人もの人々によって踊られ、ダンススクールで教えられ、さらに教育機関で教えられ、クラブで維持されています。それは世界中で伝えられてきた動きから音楽に至るまで、地域社会に根ざした国境を越えたシステムです。

ドイツほど集中的にペアを組んでいる国はありません。ダンススクールへの定期的な参加と毎年恒例の舞踏会は、何世代にもわたって若い大人の世界に彼らの方法で子供たちを同行させてきました。ワールドダンスプログラムの枠組みの中では、すべての性別・ジェンダーがパートナーダンスに望まれます。

あらゆる年齢の人々にとって、パートナーダンスは特別な意味を持っています。ハグをしながらダンスを踊る姿勢で、音楽を共に調和のとれた動きに変換することは、感情、身体的健康、社会的スキルに明らかにプラスの効果をもたらすことが証明されています。初期の時代の「ダンスマスター」が依然として厳格で統制のとれた儀式ばったものとしても、今日は上下関係のない集いが最前線にあります。

幼児期の音楽教育および運動教育は、子供の発達に不可欠です。したがって、子供たちはできるだけ早く踊り始めるべきです。遊び心のあるリズムで踊ることは、運動不足や肥満に対する効果的な予防策であり、さらに、ダンス愛好家は、シニアダンス、ロールアウトダンス、車椅子ダンスといったダンスが現在利用可能である:人口動態の変化は幅広い年齢層への需要を増加させています。
ここでも、ワールドダンスプログラムは革新的で、カスタマイズされた動きの選択肢を提供します。ダンスパトーナーの代わりにローラーと車椅子になります。

 

ワールドダンスプログラムの後のダンスは、その基本的な民主的行動によって特徴付けられます。それは性別、世代、国籍、宗教、そして社会的階級を結びつけます。それはグループの保護された空間で自分の行動を試すことができます。

 

宗教文化的文脈であれ、裁判所であれ、ブルジョワ的環境であれ、舞台であれ、祭りであれ、私的生活であれ、社会生活であれ、ダンスは人類最も古いの文化的技法の一つとして重要な役割を果たしています。

 

非言語的対話として、ダンスは人々の間の架け橋となり、運動能力、認知能力および感情的なスキルを向上させ、バランスのとれた精神を確かにします。国際的に認められた芸術とスポーツの形式としての踊りは、さまざまな国の文化を結びつけ、高い独自性を生み出します。

 

もともと、ワールドダンスプログラムは11つのダンスを含んでいました:5つの標準的な踊りはブルース、フォックストロット、スローワルツ、タンゴ、ウィーンのワルツ。
5つのラテンアメリカンダンス、チャチャチャ、ジャイブ/ブギー、パソドブレ、ルンバ、サンバ、ビート。 1979年に、ディスコフォックスがビートに取って代わり、後でロックンロールが追加されました。それからマンボ、サルサ、Marshfox(マーチフォックス)およびメレンゲが追加されました。

各ダンススクールは、ワールドダンスプログラムから、ダンススクールと顧客のプロファイルに最も適したダンスを選択します。同時に、学校は自由にコンテンツを修正し、それをさらに発展させることができます。

 

※マーチフォックスとは、、マーチングミュージックとスコットランドのテーブルとフォックストロットの組み合わせです。スイスのカントリーミュージックでは、このタイプの2/4拍子が特にソプラノサックスで広く普及しています。マーチフォックスリズムの重要な旋律は次のようなものである。
・Weggis, von Alois Schilliger dem Dorf Weggis gewidmet,
・Sunnaschiin im Engadin (Sonnenschein im Engadin) von Arno Jehli und dem Arrangeur Raivo Tammik,
・Sir Albert von Hans Muff.

 

ダンスの説明書にはある程度のスクリプト化が可能ですが、まずダンスを学ぶには創造的な模倣の可能性が必要です。テキストもビデオも教師の代わりにはなりません。自分自身の身体経験と音楽への動きを体験することが不可欠です。

 

ワールドダンスプログラムによるパートナーダンスは基本的にすべての人に開かれています。ワールドダンスプログラムはパートナーダンスに敷居の低い入り口を提供しています。

 

この練習では、ワールドダンスプログラムもまた時代の精神に捧げられています。それはポピュラーカルチャーと互換性があることが証明されています。

 

若者の間で非常にポピュラーな「ビデオクリップダンス」は、人気アーティストによる振り付けを取り入れ、グループダンスに取り入れました。連邦麻薬コミッショナーの後援の下にある麻薬防止プロジェクト「Tanzrausch statt Vollrausch」もまた、若者の意識を高めるためにワールドダンスプログラムの踊りを使われています。