もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

アーサー・マレー スタジオで扱うペアダンス種目

f:id:mochineco:20190811005308j:plain

 

 

実際の動画はこちらから。

mochineco.hateblo.jp

アメリカンスタイル社交ダンスの動画のまとめは下記から。

mochineco.hateblo.jp


アーサー・マレー スタジオで扱うダンス種目

合計40種目以上を扱っている。

アメリカンスタイル

スムース(Smooth)

競技ダンスの種目では、かつては、ピーボディ(Peabody)というダンスを含んでいた[74]

 

リズム(Rhythm)

  • チャチャ アメリカでは「チャチャ”チャ”」ではなく、「チャチャ」と呼ばれている。
  • ルンバ 日本ではイギリスを経由して「ボックスルンバ」「スクエアルンバ」として入ってきた元のダンスである。
  • スウィング (イーストコーストスウィング)
  • ボレロ ボレロはスペインとキューバに起源を持つ官能的で、なめらかでゆっくりした揺れ動くようなステップが特徴的なダンス。[75]
  • マンボ 日本のパーティダンスで行わるマンボとは異なる。

※競技種目では、時にサンバとウエストコーストスウィングを含む場合がある。

■インターナショナルスタイルとは下記の5点で違いがある[76]

  1. [種目]
  2. [ダンスのフレーム]考えられうる限り開放的で自由である。映画やミュージカルで見られるペアダンスに雰囲気が近い。
  3. [衣装]ダンスフレームと同じように、革新的で自由な衣装を用いる。スムースでもラテンの衣装のように見えるドレスが用いられることもある。袖部分のフロートがないことも特徴の一つである。
  4. [テクニック]アメリカンスムースは、インターナショナル・スタイルと同じフットワーク、スウィング、スウェイ、ライズ&フォール、頭のポジションを特徴としている。スムースのフレームの多くはダンスフレームの外で行われるため、ラテンのダンス、腕のスタイル、各ダンスのドラマチックな解釈などの多くの原則もまた、重要なポイントになる。
  5. [ソーシャルスタイルへの適用性]アメリカンスムースはもともとソーシャルスタイルを基盤にしている為、社交場からダンスパーティ、ナイトクラブへの移行がインターナショナルスタイルに比べて容易であること。

■インターナショナルスタイル

スタンダード(Standard)

ラテン(Latin)

スペシャリティ/スウィング/クラブダンス/カントリーダンス

  • メレンゲ 
  • サンバ
  • ハッスル ニュースタイルハッスルの元となったディスコダンス
  • サルサ
  • バチャータ ドミニカ発祥のギターをベースとした音楽で踊られるロマンティックなダンス
  • ナイトクラブ2ステップ  1960年代にバディ・シュウィマーが作ったミドルテンポバラードのダンス
  • ズーク 
  • エストコーストスウィング アメリカ西海岸で生まれたR&B、ディスコ、ブルース、ポップ等幅広い音楽で踊るスムーズなダンス
  • リンディホップ 1920年代から大流行したスウィングの代表的なダンス。ダイナミックさと即興性が特徴
  • チャールストン 1910年代に登場して大流行し、リンディホップの元となった。ストリートダンスにも影響している。
  • バルボア 1920年代に南カリフォルニアのバルボア半島で生まれ、1930年~40年代に大流行したスウィング。早い曲で小回りのきくダンス。
  • アルゼンチンタンゴ
  • ミロンガ Milonga アルゼンチンタンゴの踊りの1種。
  • タンゴヴァルス Tango Vals アルゼンチンタンゴのワルツ。
  • サンバヂガフィエラ ブラジルのペアで踊るサンバの一形式
  • ピーボディ アメリカで1910~20年代ラグタイム時代の早いフォックストロットから発生したダンス
  • ロックンロール 1950~1960年代初期に大流行し、ファンク、ディスコ、ハウス、テクノ、ヒップホップにつながったスウィングダンスの一つ。
  • ポルカ  チェコボヘミア地方を起源とする民族舞踊を起源とする踊り。
  • ブギウギ
  • シャグ
  • ジルバ
  • ブルース
  • 2ステップ
  • カントリー・ウエスタン・ワルツ
  • テキサス・2ステップ
  • カントリー・スイング
  • カントリーシャッフル
  • カントリー2ステップ
  • カントリーチャチャ

等、最新の流行のダンススタイルを常時教えている。

その他のダンス

この他、年2回、世界中のアーサー・マレースタジオで同時に行われる6週間のフェスティバル期間[77]には、チアダンスフラメンコバレエヒップホップラインダンスコアリズム、ファンキアード(Samba Funkeado、ブラジルのサンバとヒップホップの組み合わさったダンス)等の普段取り上げないダンスも行われている[78]。海外にはズンバのフィットネスクラスを併設しているスタジオもある[79]