もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

ボールルームダンサーが持つべき31のマイルストーン

ballroom-dancing-milestones.jpg

www.arthurmurraylive.com

 

 

あなたが参加している壮大なダンス旅行では、途中でお祝いする承認が必要なことがあります。これらの成果のいくつかは、あなたはすでに達成しているかもしれません。現在進行中のものもあれば、あなたの目標には合わないものもあるかもしれません。最も重要なことは、今から数分かけて進捗状況を確認することです。スコアを記録したり、メモを取ったり、Facebookのダンスコミュニティで結果をシェアしてください。

 

 

ここで少し時間をとって、あなたがどれだけ遠くに来て、次にどこへ向かっているのかを見てみましょう。

1.おしゃべりとダンス

ソーシャルダンスという趣味における最初の大きなブレークスルーの1つは、ダンスをしながら話すことができることです。聞くことは少し遅れることがありますが、これはあらゆるレベルのダンサーにとって大きな成果です。

2.減量/ダイエット

これは、ダンスレッスンの予期せぬ最大の副次効果の1つで、おそらく最も追跡しやすいものの1つです。体重計の数字であれ、新しい穴を開け続けるベルトであれ、特定のサイズの服であれ、これは長きに渡り偉大なブレークスルーです。

3.あなたの初めてのグループレッスン

グループレッスンカレンダー・リストにチェック済のマークをつけましょう。初めてのグループレッスンだけでなく、新しいレベルのグループ、新しい種類のダンスを受けるたびにお祝いしましょう!

4.あなたの初めてのプラクティスパーティ

 あなたが学んだダンスのマテリアルをプラクティスパーティーに持ち込むことは、教習所の実地試験が運転免許を取るのに重要なのと同じくらい、あなたのダンスの発展にとって重要なことです。プラクティスパーティは、あなたのTO DOリストに載っているかもしれませんし、通常の学習の一部になっているかもしれません。――それは成果です!

 

関連記事:https://www.arthurmurraylive.com/blog/what-is-an-arthur-murray-practice-party

5.初めての学生への挨拶や称賛

インストラクターからの励ましを受け流すのは簡単です。これを書いて、インストラクターの言葉を無価値にすることを意図したものではありませんが、しかし、他のスタジオ仲間からの褒め言葉には、とてもやりがいを感じるものがあります。

 

6.タンゴからフォックストロットへの移行に成功

タンゴを終えてフォックストロットに入ったはずが、まだタンゴをしていたことはありますか?ダンスの中には非常に似通った動きをするものもあるので(ワルツやルンバ)、体が互いを混乱しやすいです。タンゴからフォックストロットへ、あるいはスウィングからチャチャへの移行が成功すれば、それはお祝いすべきことです。

 

7.最初のデモンストレーション・ソロエキシビション

意図して申し込んだものではないでしょうが、それがあなたにとって素晴らしいものではない、という意味ではありません。初めてのダンスのデモンストレーションでは、開脚、派手な衣装、「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ Dancing with the Stars」 の契約などは必要ありませんが、これは間違いなくお祝いするべき、あなたの自信における大きなブレークスルーです。

 

8.最初のコーチングレッスン

もしコーチングレッスンを1、2回受けたことがあるなら、おめでとうございます。学習プロセスにとって、コーチングレッスンがいかに楽しく、価値あるものであるかを理解できたことでしょう。あなたがまだ行っていないのであれば、このマイルストーンが、ここに挙げられているリストの他の多くのマイルストーンのトリガーになると考えてください。

 

関連記事:https://www.arthurmurraylive.com/blog/utilize-a-dance-coach

 

9.(狭く!)ダンスの衝突を避ける

フロアクラフトは、ダンスフロアをナビゲートする方法です。車の運転と同じように、出だしは控えめで限定的ですが、マジックレフトターンアーサー・マレー ターン、その他さまざまなプロムナードのような動きを使った瞬間に衝突を避けるためです。あなたは順調に進んでおり、これはお祝いのひとときに値するでしょう。

 

10.操縦性

社交ダンスの開発の初期段階では、まっすぐ進む(Straight Forward)という1つの方向性を備えています。この戦車のようなステージの後に、さらに方向を追加して、操縦性を向上させます。この時点で、ダンスフロアのポイントAからポイントBまで、前方、後方、または角度を付けて簡単に移動できます。

例:マジックステップの代わりにジュニアウォークを使用する 

11.レッスン10

何らかの理由で、学生はレッスン10回までにプログラムに落ち着くようであり、ある種のダンスの突破口があります。 たぶん、これはマッスルメモリーと関係があるのかもしれません。あるいは、スタジオというかつて異質だった場所が、新しい行きつけの場所のようにあなたが感じ始めているという事実と関係があるかもしれません。

12.スーパーバイザのプログレスチェック

インストラクターはコンフォートゾーンの延長になります。ですから、スーパーバイザーが進捗状況をチェックしに来たときには、少し緊張するのが普通です。プログレスチェックは、今後さらに多くのことを作動させるように設計されている定期的なマイルストーンだと考えてください。

13.あなたのダンスノート

これは任意です。もし、あなたがダンスの進行状況をメモし始めたときに先生の目が光っていることに気づいても、驚かないでください。

 

関連記事:https://www.arthurmurraylive.com/blog/master-these-14-dance-notebook-hacks

 

14.スタジオ外での初めてのダンスイベント

これはダンスの趣味の罪を全面的に認めたものです。どうか誇りに思って!これから来たる卒業式やフリースタイルのイベントの一環かもしれませんし、大規模なグループフォーメーションに参加することを決めたのかもしれません。間違いなくマイルストーンです。

15.ダンスミュージックを識別する

これはある人にとっては当然の帰結であり、また他の人にとっては人生を変える瞬間であるかもしれませんが、ダンスを習っている人誰でも、音楽が流れているのが聞こえ、それがどのダンスに対応しているかがわかる時には、喜びに満ちた深呼吸しましょう。

16.ダンサーとしての自分を認められること

私たちは皆、肩書きを持っています。ネットワークエンジニアのティムでも、インテリアデザイナーかつ母親のドナでも。しかし、もしカレンダーに丸をつける瞬間があるとすれば、誰かがあなたに「ダンサー」という肩書きをつける日があるはずです。それはあなたを油断させるかもしれないし、あなた自身がそのタイトルを行使する準備ができていないかもしれないが、それはあなたのダンスの旅路の真の証なのです。

17.フットワークを発見しましょう

確かに、脅威になるかならないかの、穏やかな注意喚起がいくつかありましたね…。しかし、最終的にはフットワークは意味を持つようになりました。あなたはかかとをボールルームに招き入れ、ラテンのパーティでは、かかとはありませんでした。

ある時点で先生は静かに涙を流し、少し小言を言うでしょう。ミッションコンプリート。

18A.)リードできることを発見する

自分に価値がないと感じている時に、リーダーのように感じるのは難しいですが、どういう訳かそういう時にちょうど起こります。あなたが心に描くステップ、でたらめな計画、いちかばちかやってみるという決断、何か奇妙な理由があり…それが作動します。その後に、自転車に乗ることを覚えたばかりの子供のように、あなたはそのアイデアに夢中になり、どこにでも持って行きたいと思うようになります。

18B.)フォローできることに気づく

リードは「ダンスのマルチタスキング」かもしれませんが、フォローは全く異なるレベルのスキルです。それは社交ダンスの信頼構築活動であり、崇高な魂の旅路であり、正すための努力よりも、はるかにずっと価値のあるものを必要とします――すなわち信頼が必要です。ええ、誰かのダンスのシグナルを見たり、読んだり、反応できた時は、お祝いに値する日です。

19.初めてのダンスシューズ

最初のダンスレッスンの数分後だったのかもしれませんし、本当に必要になるまで延期したのかもしれませんが、社交ダンスの趣味にダンスシューズを追加するのは疑う余地のない瞬間です。

20.信頼のステップ

「彼らがそこにいないように一歩踏み出しましょう」と、ダンスフロアを恐れないように見えるプロのインストラクターは言います。社交ダンスは歩くことに一番近いものですが、少し離れたところにいる人と歩くのは、直感に反して危険に思えます。

え、もっと奇妙? この「より良い信号を送るためにパートナーを踏もうとする」という考えは実に恐ろしいものです。しかし、あなたは、それが実際に効果があること、先生が正しいこと、そしてあなたのダンスがずっと良くなったことに改めて気づくことでしょう。

21.新規追加

一度もやったことのない特定の物事について、皆さんが厳しい意見をお持ちなのは面白いことです。それは、どこかで読んだ見出しだったのかもしれませんし、あるいは、あなたが好きだと思うもののように見えないということに起因していたかもしれませんが、どういう理由であれ、なじみのないダンスは無視するのが普通です。

それから、あなたはダンスを習います。

グループレッスンでこれらのダンスを試してみて、パーティーで他の人が踊っていることに気付くと、そのうちあなたのダンスプログラムは初回のモデルチェンジが行われ、バチャータ、ハッスル、メレンゲサルサなどの副専攻のダンスをレパートリーに加えることになります。

 

関連記事:https://www.arthurmurraylive.com/blog/faq-what-are-minor-dances

22.あなたの初めてのダンス競技会

それを「ダンスバケーション」と呼ぼうが、「ダンス・オー・ラマ」と呼ぼうが、「きらびやかな人々に囲まれた没頭型の信頼構築活動」と呼んでも…単に短く、ここでは競技と呼ぶことにします。この競技会に行くことは、自分の進歩をどう感じるか、学習過程をどう信じるか、自分が楽しんでいるかについて多くを語ることです。

23.トゥインクル(Twinkling)

トゥインクル(Twinkling)は、伝説のダンス用語です。世界中の社交ダンスのコミュニティーで流行語になっていますが、最終的にはあなたも覚えられるようになるでしょう。また、トゥインクルは、ワルツとフォックストロットの両方の種目で、ボックスステップやマジックステップの範囲を超えてパターンを拡張し、新たなムーブメントのスタイルを表現しています。

これを達成したのなら…おめでとうございます!

24.ヒップモーション

そう、純粋な見物人を魅了し、体格を改造し、ラテンダンスに瞬時に「ストリート・クレディビリティ(都会の若者がストリートカルチャーの最新流行に通じており、同世代の若者から称賛される行動やファッションができること)」を加えることのできる、とらえどころのない動きです。

ダンスのTO DOリストからこの成果をチェックすることは決してありませんが、股関節屈筋をアイシングするのに時間を費やしたり、または後方に移動しながらのキューバモーションの複雑さを理解できる場合は、これを祝う瞬間を考慮してください。

25.ライズ&フォール

ヒップモーション、ライズ&フォールに相当するボールルームのテクニックは、ワルツやフォックストロットのようなダンスを、楽々と、雲の上に浮かんでいるように見せるのに役立ちます。このように見えるかもしれませんが、簡単に見えるようにするには多大な努力が必要です。

26.ナチュラル・ユース・ステージ(自然な使用段階)


アーサー・マレーの学習曲線(カーブ・オブ・ラーニング)は記憶にとどめておくべきです。他のダンスの詳細、社会保障番号、そして最高機密のスパイセキュリティ許可パスコードを除いて、これは覚えておくべきことです。

これはあなたの学習ロードマップです。それは、学習に対する基本的な課題を捉えており、ほとんどの新しいダンサーが早い段階で感じる気まずさ以外の何かがあることを示しています。ナチュラル・ユース(自然な使用)」 の段階は、学習しているスキルやステップにとって厄介なトンネルの終わりにある光であり、あなたがその約束の地で取り入れたものは、残りのスキルセットに希望をもたらします。

 

※ 学習曲線(カーブ・オブ・ラーニング)についての詳細は下記を参照。

mochineco.hateblo.jp

 

 

27.完成したルーティン

ソロのルーティンは90秒です。 30秒のチャプターが3つあり、最初にパフォーマンスする時はあなたには30時間のように感じられます。 あなたの心臓はドキドキし、手が震えるかもしれませんが、ここでマッスルメモリー、あなたの指導への信頼、そしてあなたのコンフォートゾーンの外への大きな一歩が組み合わさって、自信の活性化を作り出す場所です。

ルーティンを完了した時、あなたはその気持ちがわかるでしょう。

28.新しいレベル


新しいレベルへの卒業は非常に明快な成果ですが、時々、最も明白なことが最も見落とされます。証明書、ピン、お祝いの握手やハグ、これからの新しいレベルに焦点を当てるのではなく、それらを求めている時に、あなたを危うく脱線させそうになった瞬間全てに重点を置いてみてください。

あなたの過去は、その証明書を全く新しい視点に据えてくれ、それは握手したり抱き合ったりする価値のあるものになるでしょう。

 

29.新しい人にあいさつする

進歩は卑怯なものになる可能性があります。 私たちが経験するフラストレーション、喜び、完璧主義の全ての瞬間において、スタジオに来たばかりの新しい人とつながる機会がある時ほど、やりがいのあるものはありません。

あなたはきっと「こんなに緊張していたっけ?」と思うでしょう(そうだったんです!)という答えをすでに知っているので、あなたは彼らにほほえみかけ、励まし、自分が正当に評価されるかもしれないことよりも、「自分はダンス沼の大きな魚である」と思い出したりして、ペイフォワード(恩送り)するでしょう。

 

30.趣味を守る


この道のりで、しばしば見過ごされがちなマイルストーンが、あなたの趣味のために立ち上がるという形で現れます。友人や同僚、家族の誰かが、社交ダンスを学ぶというあなたの決断に疑問を抱くような時です。これらはあなたの決断を強化する瞬間であり、あなたが経験した素晴らしい副次的な効果について話すことができる瞬間であり、あなたのカジュアルな活動が、本当にあなたの趣味になる瞬間かもしれません。

 

31.自分をダンサーと呼ぶ


私はボールルームダンサーです。そう言ってみてください。 あなたは笑い、ばかげていると思うかもしれませんし、自分には合わないと思うかもしれませんが、あなたは確かにその説明にフィットしています。それはあなたが長い間望んでいたことかもしれないし、または初めて口にしたことかもしれませんーーそれにもかかわらず、それはあなたのダンスの旅路で最も重要なマイルストーンの一つなのです。

 

最終的なまとめ

 

ある一つのことがなければ、これらのマイルストーンで実現可能なものは、正確には0です。

すべてはそこから始まりました。

あなたが最初のダンスレッスンを受けるためにした選択。同じ決断は、あなたの多忙なスケジュールの中で、最終的にスクラップ部屋の床の上行きだったかもしれません。この決定は、新しいテレビ番組を見たり、深夜残業に簡単に取って代わられたかもしれませんね。
その決定は、詳しい調査を受けましたが、あなたはそれを止めさせませんでした。


この記事では、全ての始まりと、前進のためのさらに多くのヒントを紹介しました。

 

アーサー・マレーのトップ指導者のトラベリングコンサルタント、ビジネストレーナーフランチャイジーの一人、Chris Lynam(クリス・ライナム)先生の記事