もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

社交ダンスが世界をどのように変えたか


 https://arthurmurraydanceschools.com/wp-content/uploads/2016/06/arthurmurrau.jpgarthurmurraydanceschools.com

 

社交ダンスが世界をどのように変えたか

私はこれまでのブログで、社交ダンスに関する短い「ご存知ですか?」というトリビアの記事を紹介してきました。

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

今日は社交ダンスの一般的な歴史について、どのようにして人気を得たのか、そして何がこの数年間にわたって強く続いてきたのかについて、もう少し詳しく説明したいと思います。

定義

社交ダンスは、16世紀後半からありましたが、現在のようなものではありませんでした。最も基本的には、「社交ダンス」は、ソーシャルあるいは、競争・競技、あるいはショーのために踊るパートナーダンスと定義されます。

始まり

下層階級の民族舞踊から始まり、上層階級が大舞踏室やダンスホールで行った踊りをより華やかにアレンジしたものから始まりました。メヌエット1600年代半ばに流行したダンスの一つで、フランスのルイ14(彼は偶然にもバレエのための最初の施設を設立しました。ありがとう、ルイ!)が流行させました。メヌエット18世紀末まで人気がありました。

19世紀 ワルツ

19世紀初頭に流行した踊りは、ワルツです。この踊りは全てを変えました。公共の場での適切か不適切かの触れ合いの社会的基準を変えてしまいました。その当時、パートナーは手袋をして、お互いに遠く離れて立っていました。つまり、物理的な接触はしていません。最終的には、パートナーたちは、ただ手を握る以上に互いを抱きしめあい、そして、私達が知っている正式な社交ダンスがついに生まれたのです!

100年後のアメリカで

100年後のアメリカでは、ジャズ音楽の人気が高まり、スウィング、チャールストン、フォックストロットなどのジャズに伴うダンスも人気を博しました。 ヴァーノンとアイリーン・カッスル夫妻はこの社会的な運動の先駆者であり、パートナーダンスの最初のいくつかのシラバスを作成し始めました。 1912年、カッスル夫妻の弟子であったアーサー・マレーはそれをさらに一歩進めました。 彼はダンスの指導と学習を初めて体系化しました。 シラバスとテクニックを使用して、彼はアメリカで最初のダンススクールを作りました。 そこから、アーサー・マレーの名前を冠したフランチャイズのダンススタジオがオープンし始めました。 これらの学校を際立たせたのは、一人一人がまったく同じことを教え、教師はすべてアーサー・マレーメソッドで訓練されているという事実でした。

1930年代~ ダンスのブーム

 1930年、社交ダンスのトレンドが本格的にブームになりました。フレッド・アステアジンジャー・ロジャースのようなダンサーは、世界中のより大きな観客に見られる大画面、つまり映画に踊りを持ち込みました。また、1930年代から1940年代にかけてはリンディ・ホップが大流行し、1950年代にはマンボやチャ・チャが流行しました。この時期に最も重要なことは、アーサー・マレーが「アーサー・マレー・ダンス・パーティー」を主要テレビ局で放送し、一躍有名になったことです。

1960年代 ツイスト

その後、1960年代にツイストが登場しました。 パートナーダンスはもはや流行ではありませんでした。 社交ダンスは、60年代の先見的な若者にとってはオールドファッションで時代遅れと見なされていました。 誰も古臭くなりたくありませんでした。この変化は、世界の社交ダンスの見方に大きな影響を与えました。パートナーダンスはもはや広く受け入れられる基準ではなくなったのです。しかし、希望は失われませんでした!

1970年代 ハッスルとサタデー・ナイト・フィーバー

1970年、パートナーダンスが再び成長し始めました。それは、ハッスル Hustleと共にニューヨークでスタートしましたが、映画「サタデー・ナイト・フィーバーSaturday Night Fever」が公開されて初めて、パートナーダンスは生まれ変わったのです。人々は再びダンススクールに集まり、このエキサイティングな新しいダンスを学び、ダンスブームが国中を席巻しました。ダンススタジオやディスコがあちこちに現れ始めました。ハッスルに対する需要が非常に大きかったため、すべての主要都市には独自のバリエーションがありました。

1980年代~90年代の新しいダンスクレイズ

1980年代と1990年代に、サルサアルゼンチンタンゴ、ランバダ、リンディホップなどのさまざまなパートナーダンスが、突然人気を博し、さらに火に油が注がれました。 新しい音楽カテゴリーの導入は、まったく新しい世代に、リンディホップの人気を永続させるのに役立ちました。 「ビッグ・バッド・ブードゥー・ダディ Big Bad Voodoo Daddy」や「チェリー・ポピンズ・ダディズ Cherry Poppin Daddies」などのネオスイングバンドは、再びスウィングダンスをクールなものにしました。 ダンスを描いた映画はより多くに作られるようになりました。 それらの中には、「セント・オブ・ウーマン Scent of A Woman」、「ストリクトリー ボールルームStrictly Ballroom」、「スゥイングキッズSwing Kids」、「禁じられた踊りThe Forbidden Dance」、「ダーティ・ダンシングDirty Dancing」などがあります。*1

2005年~「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」

最近の急成長は2005年に「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ Dancing With the Stars*2が作られ、社交ダンスを誰もがリビングで楽しむことができるようになった時に起こりました。社交ダンスは年々増え続けています。人々は若い世代でも社交ダンスを習い始めています。これは、もはや頑固な時代遅れ人のためではありません!

 

「社交ダンスBallroom Dancing」は私たちの目の前で行われる革命です!あなたも参加しませんか?

 

カリフォルニア州ロサンゼルスのアーサー・マレー ウッドランドヒルズスタジオのブログより

Christy Melgoza franchisee of Arthur Murray Woodland Hills CA & Arthur Murray Thousand Oaks CA.

(原著者に許諾を取って翻訳しています)

*1:サタデー・ナイト・フィーバー」や「セント・オブ・ウーマン」、「ダーティ・ダンシング」はアーサー・マレーインターナショナルが出演及び協力をしている。

*2:アーサー・マレーのインストラクターやトラベリング・コンサルタント等数多くの関係者が出演している