もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

競技会後の憂鬱

https://arthurmurraydanceschools.com/wp-content/uploads/2016/06/Frazzled-reduced.jpg  

arthurmurraydanceschools.com

 

インストラクターが経験する最大の楽しみの1つは、生徒がダンス大会に参加することを決めるときです。しかし、ダンス大会に伴う期待感や多幸感が、その後の挫折につながることもあります。ここでは、競技会終了後も、以前の高い競争力を維持するためのヒントを紹介します。 

1.期待

 

特定のイベントで成功するかどうかは、個人の期待によって決まります。私たちが失望して立ち去った時、それは通常、私たち自身の不合理な期待のせいであることがわかりました。私たちが自分たちに期待していることの一つは、完璧なルーティンを実行することです。私は長年にわたって競技をしてきましたが、もし、それがイベントの成功の前提条件の一つだったら、毎回失敗していたでしょう。失敗や忘れものは誰にでもあることだと思います。これは、間違いを犯したり、探したりしたいということではありません。私の意図はいつも最善を尽くすことです。私が生徒たちに教えているのは、成功は完璧であることではなく、いかにして回復するかにかかっているということです。より多くの経験を積めば積むほど、より早く回復することができ、すぐに誰も間違いがあったことを知ることはないでしょう。

実は、ドレスリハーサルでプロのマンボのルーチンをやっているときに、途中で膝を突いてしまいました。私は急いで戻って、すぐにルーティンを続けたので、後になって学生が、私のドロップが「いかにクールか」と褒めてくれました。意図的ではないことも知らなかったのです。したがって、ルーティンの途中で失敗するようなミスは、意図的なものであるかのように見せるようにします。これは合理的な期待です。

2.リハーサルに十分な時間をとってください

私たちのスタジオでは、「あと1週間あればいいのに!」という言葉があります。前もってどれだけ準備しても、いつももう一週間は必要です。そうは言っても、本当に準備ができていると感じるためには、細かい点をすべて理解してルーチンを学ぶのに十分な時間を自分に与えたいのです。この方程式には3つの主要なステップがあります。

  1. ルーチンの概要を学習します。
  2. ダンスの詳細を学習します(腕のスタイリング、頭の位置、特徴付けなど)
  3. マッスルメモリー(繰り返し、繰り返し、繰り返し)

競技会の前に、できるだけ早く方程式の反復部分に到達する計画を立てる必要があります。 

3.先生やパートナーを失望させる心配はありません

自分を失望させるのではなく、他の人を失望させるのではないかと恐れているために、「コンペティション・ブルース」を受け取ることがよくあります。私はそれを何度も聞きます。学生は「私は気分が悪いです。先生が一生懸命やったのに、私は失敗した。彼(または彼女)を失望させたくなかったのに」と言うでしょう。私がインストラクターだった頃、失望は私の心から最も遠いものでした。私たちは、生徒たちが素晴らしいことをするために外に出て、自分自身を成長させることに大喜びし、誇りに思っています。ここでは、「親」の役割を果たしています。タレントショーで子どもが失敗したら、がっかりしますか?いいえ、あなたは喜びに満ち、ステージで彼らを見ることをとても誇りに思うでしょう!それが、まさに私たちの気持ちなのです!これが理解できない場合は、ヒント1をもう一度読んでください。自分の期待値を設定してください。そうすれば、あなたの参加が、我々のあなたに対する失望のチャンスを自動的に圧倒してしまうことがわかります。

4.長期的な進歩

 

「素晴らしいダンサーであること」という大きな目標に沿って、小さな目標を設定するのは素晴らしいことです。小さな目標を立てることで、大きな目標に向かって努力しながらモチベーションを保つことができますが、大きな目標に向かって取り組むことは、まるで永遠にかかるように思えます。アーサー・マレーは、これを支援するために、一年中さまざまなイベントを計画的に主催しています。道中でつまずくことは、旅の重要な部分であり、それを覚えておくことが重要です。どんな浮き沈みも、最終目標に到達するために必要な進歩の一部です。そして小さな目標を達成することは本当に気分の良いことです!

5.新しい目標の設定

競技後のブルースを経験する最大の理由の1つは、その後、新しい目標が設定されていないからです。新しい目標があれば、それを達成するためにあなたは焦点を合わせます。あなたはやる気があって、集中していて、興奮しています! 最後のイベントの間、あなたは緊張、アドレナリン、純粋な高揚感を経験しました。天にも昇る心地でしたね!でも、イベントが終わると疲れ果ててしまします。最後の競技会が始まる前に、次の焦点を決めていないのであれば、次の週は、カタツムリのようにノロノロと動き、力がみなぎらない状態でスタジオに自分をなんとか引っ張っていくでしょう。レッスンの前後で、おそらくあまり練習もしないでしょう。そして...グループレッスンは「ま、いっか!」とサボるかもしれませんね。

そんなことしないでください!! 

進歩し続ける為に、最後のイベントで得られた高揚感と勢いをあなたは使いたいでしょう。私たちは、何年も教えてきて、新しい目標を設定すれば、常に上達が速くなることを発見しました。ですから、ぜひ私たちと協力して競技会の準備をしてください。ただし、イベントの前、最中、後には、この5つのヒントを心に留めておいてください。そうすれば、あなたは勢いに乗ることができます!

そして、リード&フォローに関する先週のアドバイスを読むことを忘れないでください。

 

カリフォルニア州ロサンゼルスのアーサー・マレー ウッドランドヒルズスタジオのブログより 

Christy Melgoza franchisee of Arthur Murray Woodland Hills CA & Arthur Murray Thousand Oaks CA.

(原著者に許諾を取って翻訳しています)