もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

インストラクターがあなたに知られたくない15のこと!

「Arthur murray instructorã€ã®ç”»åƒæ¤œç´¢çµæžœ

 

 

arthurmurraydanceschools.com

 

1.パフォーマンスするために立ち上がるたびに、私たちも緊張しています!

 

2.仕事とダンスに8時間費やすだけでなく、仕事の数時間前からダンスしたり、夜に踊りに出かけます。はい、私たちは少しダンスに夢中(dance craze)です!

 

3.私達もピボットは難しいと思います!

 

4.シャワーを浴びている間に最高のアイデアが浮かんできます!

 

5.もう1回は、「決して」もう1回という意味ではありません。

 

6. 私たちはあなたがコーチングレッスンで学ぶのと同じくらい多くのことを学びます。

 

7.私達もスクールフィガーのテストが嫌いですが…それにどれほど価値があるかは分かっています。 

 

8.あなたに「よくやりましたね!」と言う時、私たちは本当にそういう意味で言っています。

 

9.この危険な靴用ブラシで何度も負傷しています。

 

10.私たちは、普通の靴よりも多くのダンスシューズを持っています。(それは男性だけです)。

 

11.男性のダンス用シャツについてお話しましょう…女性スタッフは、彼らがようやくレオタードがどんなものかを体験できることを嬉しく思います!

 

12.あなたの全レッスン中、「例のあの」曲を再生する時でも、私たちは気づきさえしません。ごめんなさい!

 

13.ウルスとアグネス(そして他のすべてのダンスコーチ)も私たちを緊張させます!

 

14.あなたが私たちを踏んでも「痛くないですよ!」と言う時、私たちは嘘をついています!

 

15.「スーパーの通路でも踊ってるのに気づいた」と生徒たちが言うと、私達はとてもテンションが高くなります!

 

 

カリフォルニア州ロサンゼルスのアーサー・マレー ウッドランドヒルズスタジオのブログより

Christy Melgoza franchisee of Arthur Murray Woodland Hills CA & Arthur Murray Thousand Oaks CA.

(原著者に許諾を取って翻訳しています)