もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

スクールフィガーのテストを受ける為のヒント

https://arthurmurraydanceschools.com/wp-content/uploads/2016/06/A-Logo-e1405197053134.jpg 


 

arthurmurraydanceschools.com  


「スクールフィガーのテストを受ける為のヒント」

 ほとんどの世界中のアーサー・マレー・ダンス・センターにとって、学生が今のダンスレベルを卒業して次のレベルに進む準備が整いつつあります。このプロセスは、空手の昇段試験に少し似ており、次の色の帯を締められる技量があるか披露して確かめます。(幸いにも、ここでは誰もあなたを傷つけようとしていません!)

チェックテストで“合格する”だけでなく、自信持って安心して行うためのヒントを紹介します。 

1.ステップの名前を書き留める

すべてのステップを指導してくれる素晴らしいインストラクターがいますが(この冗談は決して古くならない)、トレーニングを最大限に活用したいのであれば、自分でやらなければならないことがあります。

「ステップの名前は何ですか。」と何度言ったことがありますか。次に何かあったら忘れずに書いてください。

プライベートレッスンとグループレッスンの後に学習したステップの名前を書き留めます。家に帰って各レッスンを始める前に、パターン名を確認してください。インストラクターから特定のステップを確認するように求められた場合、どのステップについて説明しているのかを理解する必要があります。あなたのダンスの言葉を開発することで、あなたはより早く学ぶことが簡単になります。

2.自分で練習する

フィガーを覚えること、パートナーがいなくても、フィガーをできるにすることは、とても大切です。一旦、フィガーを一人でできるようになったということは、自分が何をしているかを本当に理解しているということであり、パートナーに依存していないということです。スクールフィガーのチェックのこの部分はとても重要です。そうすればバランスが良くなり、パートナーの腕が軽くなります。また、ステップを熟知しているので、ダンスのスタイリングに集中できます。グループレッスンは、この種の練習を行うための優れた方法でもあります。 

簡単なヒント

スタジオで、先生に、あなたがスクールフィガーを踊っている所を撮影してもらいましょう。家に帰ったら、見てみます。なんてかっこいいんだ!

3.スクールフィガーを音楽に合わせて練習する

 

私は「音楽に合わせない限り、ダンスじゃない」といつも言っています。練習するための素晴らしい音楽があることを確かめてください。レッスン中は素晴らしい音楽を提供しますが(どの先生が音楽を流しているかによって異なりますが)あなた独自のコレクションを作成することが重要です。明瞭でわかりやすいビートの曲と、テンポが正しい曲(あまり速くなく、あまり遅くない)を選択します。よく分からない場合は、推奨される音楽をインストラクターに確認するか、アーサー・マレーのCDを購入できます。これにより、授業の前に自宅やスタジオでも練習できます。音楽を聞いて感じられることは、試験の重要な部分です。

4.練習は永遠に続くということを忘れないでください。

 

はい!練習は永続的だと言いました。完璧ではありません。私達はステップを完璧にマスターしたらやると自分に言い聞かせるので、ダンスの悪い習慣を身につけることが本当にしばしばよくあります。

ナンセンスです!!繰り返し行うことはすべて習慣になります。それらが良い習慣であることを私達は確認したいのです。良いダンス習慣を身につけるためのヒントを次にいくつか紹介します。

 

A.腕の動きで正しい姿勢(ポスチャー)を練習しましょう。

自分で、または音楽に合わせて、スクールフィガーを練習している時、腕を正しい位置に置いてください。(あなたが、背が高くて、陰鬱な魅力を讃えた、ハンサムな想像上のパートナーと踊っているように!) 

B.良いフットワークを練習しましょう

 

私の好きなモットーの一つに「足が先です」があります。フットワークが正常に機能しない場合、四角いタイヤのバスのようなものです。乗り心地に影響が出ます。足のどの部分を使うべきか、かかと(ヒール)かつま先(トウ)か、そして一緒に使うのはどういう意味かを理解してください!

 

C.ダンスに関連するテクニックを練習しましょう。

 

ステップ、バランス、音楽、フットワークを習得したら、適切なスタイリングを行います。たとえば、ワルツをしている場合は、あなたのレベルに関連付けられたライズ&フォールを行う練習が必要です。これはケーキの上のアイシングで、見た目も感じもより自然になります。

 

 

チェックアウトの準備のもう1つのパートは、プログレスチェックと呼ばれます。

これはスタジオのスーパーバイザーがあなたのスクールフィガーを中間チェックする小テストです。これはフィードバックを得て、最後のチェックアウトで何が期待されているかを正確に理解するための素晴らしい方法です。

 

これらのヒントを試験前の詰め込み学習ではなく、カリキュラムのプロセスで使っていけば、スクールフィガーのテストは朝飯前だとわかるでしょう。私のヒントを練習すれば、あなたは確実にテストに合格するでしょう!

 

 

カリフォルニア州ロサンゼルスのアーサー・マレー ウッドランドヒルズスタジオのブログより