もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

ブロンズ1、ブロンズ2、ソーシャルダンスプログラムの謎の解明

このニッチで、信じられないほどにやりがいがあり、時に理解するのは難しいかもしれない社交ダンスという趣味を解き明かすために、これまでにもよく聞かれた質問と比較にスポットライトを当てましょう。
 
あなたのダンスプログラムのブロンズ1とブロンズ2の違いは何ですか? 
 
念のために言っておくと、このような詳細を放置しておくと、あなたのダンス・ジャーニーを漂流させたり中断させたりする可能性があります。どうして?簡単に言うと、あなたのダンスプログラムの各レベルはバケーションのようなものですが、あなたがそこに着いた時にどんな雰囲気なのか、きちんとしたアイデアなしに、どこかへ旅に行きたい人はいないからです。 

ブロンズ1、ブロンズ2、ソーシャルダンスプログラムの謎の解明 

背景

アーサー・マレーのブロンズプログラムは、ボールルームダンスとラテンダンスを始めるための業界スタンダードです。

「ブロンズ1」 「ブロンズ2」 「ブロンズ3」 「ブロンズ4」 の4つのレベルで構成されています。それぞれのレベルは、他の学問体系と同様に、より高いレベルでの基礎を築きます。 

bronze-1-tips-wm

 

Bronze1ダンサーのために

ブロンズ1は、あなたのダンスプログラムの最初のレベルというだけではありません…。それは、「あなたがダンスの仕方を学ぶ」方法を学んでいるレベルです。最後の部分を必要に応じて、身にしみるまで、声に出して繰り返してください。
 
数カ月前までは、その活動を完全に避けるために、ダンススキルは、高校時代に楽にできることか、気の利いた受け答えに限られていたかもしれませんね。(「運動オンチなんだ!」) 
今では、あなたは基本的なサバイバルスキルを学ぶだけでなく、マッスルメモリーに裏打ちされた、ダンスを一生の習慣にするための動きを教えてくれるカリキュラムの一部となっています。 もちろん、あなたのコンフォートゾーンから定期的に離れ、マッスルメモリーが関わる他の趣味と同じように、いくつかチャレンジがありますが、それらはダンスを学ぶことの利点への玄関口としても機能します。 
 
bronze-2-tips-wm 

Bronze2ダンサーのために

 
ブロンズ2は、ダンサーとしてダンスの趣味に合わせて選択を始めるレベルです。 あなたのダンスプログラムの2番目のレベルは、2人目の子供を持つようなものです。1つは未開拓地での絶え間ない冒険であり、もう1つははるかに危険の少ない道を進むものです。
はい、ブロンズ2はまさにそのようなものです。 また、現在および将来の使用のために、スタイルとテクニックを詰め込むレベルでもあります。キューバンモーション」(あなたは他の人のヒップの動きに気づくかもしれません)や、「ライズ&フォール」(ワルツのようなダンスの上下の動き)もこのレベルで紹介されています。
 
それだけでなく、ブロンズ2レベルは、生徒たちが時折ダンスのレッスンを受ける普通の人々というだけでなく、自分自身をダンサーとして考え始めるレベルです。これは、タイトな服を持っている必要も、スプレータンをする必要も、ファーマーズマーケットで列に並んでいる間に股割りをする必要もありませんが、あなたは矯正されずに無条件でダンスフロアに足を踏み入れることができます。 

このように考えて... 

bronze-1-just-likeロンズ1は、あなたの高校1年生の頃のようなものです。心配しないでください、この比較はより良くなります。

考えてみてください。新入生の年には多くのことを学びます。次に例を示します。 

  1. いろいろな先生といろいろな科目を勉強していますね。 
  2. 授業の場所から場所への移行方法を学習しています。 
  3. あなたはクラスメートと生涯続く絆を築いています。 

新入生の年は通過儀礼で、絶え間なく成長し、あなたはまだプロムキングやクイーンにはなっていないかもしれませんが、将来の高校の成功のための基礎を築いています。 

ブロンズ1は、全ての上級ダンサーなら誰もが深く感謝して振り返るレベルです それはあなたが学んでいるレベルです。すなわち、 

  1. 多種多様なダンスが、様々なフォーマットによって提供。プライベートレッスン、グループレッスン、コーチングレッスンなど。 
  2. ラクティスパーティで音楽が変わったときに、今のダンスから別のダンスに移行する方法を学びました。 
  3. あらゆるレベルの他の学生とつながり、ダンススタジオの見知らぬ人のグループは、あなたのコンフォートゾーンのはるか外側で、ダンス友達になりました。 

bronze-2-just-like

ブロンズ2は、あなたの高校2年生のようなものです。ええ、ほとんどの人が正真正銘の高校生の光の最初のきらめきのあたたかさを感じるその年です。

 

 2年生は、もはや誇らしげな中学生のような気分ではなく、自分たちが実際に高校生であることをはっきりと述べることができます。2年生とは、あなたの成長をより明確な視点に入れます。結局のところ、自分の成長を簡単に思い起こさせる新入生がやってくるのです。

 bronze-tips-focus-of-each-level

各レベルの焦点

 

ブロンズ1は、タイミング、リードとフォロー、フットワーク、ポスチャー(姿勢)、ダンスフレームなどのテクニックを紹介するレベルです。パターンは他のレベルよりも理解しやすいかもしれませんが、ダンスという趣味の中で、この非常に重要なブロンズ1レベルのスキルやステップを活用していないところはありません。 

 

ブロンズ2は、新しいパターンは少なく、スタイル、テクニック、実行に集中するレベルです。 これは、ブロンズ2にエキサイティングな新しい動きがないことを意味していません。実際、このレベルでは、リーダーに交通をはるかに巧みにナビゲートして処理するように教え(「フロアクラフト」)、フォロワーがより高度で微妙な合図に反応する感度を高めるのに役立ちます。 

最終的には、ブロンズ1が土台で、ブロンズ2が装飾です。

各レベルの最大の脅威

ブロンズ1レベルでの最大の脅威は、簡単に言えば、自分自身です。この趣味は新しいものであり、現在の活動のラインナップを中断させ、コンフォートゾーンから一歩踏み出すことになるので、ダンスプログラムのこのレベルを維持する上で最大の脅威となります。

ブロンズ2の最大の脅威はやはりあなたです…。少し違った見方をしています。ブロンズ1でのスキルの「調理時間」は、通常、ブロンズ2よりもずっと速いです。ですので、このレベルのダンスバージョンのあなたは、進歩が以前ほど明確ではないため、忍耐力を失い、イライラして、フラストレーションを感じることがあります。あなたが、ダンサー以外からブロンズ1ダンサーに行ったならば、このことを知っておいてください。 

bronze-tips-final 

各レベルの最も重要なヒント

 

ブロンズ1

これはどのレベルにも言えますが、いつでも、いつまでも、ブロンズ1において、あなたの時間を前倒しすることにつきます。これは、ダンスプログラムの早い段階で追加レッスンを受けることを意味します。 新しい本のいくつかの追加の章を読んで、登場人物や環境に精通するのと同じように、新しいダンスプログラムのすべてのキャラクター(ダンス)で同じことができます。 スケジュールに関しては、これが恒久的な解決策である必要はありません。しかし、もし、あなたのプログラムのレベルの、最初と最後で、定期的に費やす時間を増やせるのであれば、レッスンの「ダンスモード」に戻る時間を大幅に減らすことができます。 

 

ブロンズ2 

ブロンズ2の生徒には、「高度なテクニックを練習するために、高度なパターンは必要ありません。」という覚えておくべき言葉があります。 ヒップモーション、リズム、ライズ&フォール、フロアクラフトのような素晴らしいテクニックの層を解き放ち始めたら、ブロンズ1のパターンが、これらのエキサイティングな新しいダンスの入り口になることを忘れないでください。 

「魅力 Glamour」的なスタイリングをするのが好きな人もいるかもしれませんがスタイルとは、それぞれのダンスに個性を与えるものです。あなたは心の中でダンスの個性を区別し、かつ適当な音楽がかかった時には、あなたにどのダンスかを思い起こさせて応答時間を改善するものだということを忘れないでください。

最終的なまとめ

 

何かの授業を受けることと、その授業で学んだことを実行するのは、まったく異なるレベルのスキルです。アーサー・マレーでの旅の目的は、テレビで踊ることや競技で優勝することではないかもしれませんが、いつの日か、音楽が流れていて、ダンスフロアに空いているスペースがあって、あなたがそういう場所に行くことを私達は望んでいます。 これを行うには、1つのクラス以上の時間がかかります...。それがインストラクターがプログラムをあなたの為に計画立てた理由であり、あなたが決して考えられなかった瞬間を予期しています。たとえ、それがブロンズであろうと、シルバーであろうと、ゴールド1であろうと、あなたをそこに導くことが私たちの使命なのです。

 

クリス・ライナム先生の記事より

クリス・ライナムはスタッフを訓練し、子どもたちに本を読んで聞かせ、妻を笑わせ、執筆するのが大好きです。脚本家からダンス教師に転身した彼は、Arthur Murray Liveの編集長であり、フォーブス(Forbes)、ハフィントンポスト(HuffPost)、スポーティングニュース(The Sporting News)にも記事が掲載されています。

アーサー・マレー・ライブドットコムのブログより。