もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

ラテンハッスルダンスの基礎

latin hustle dance in Jacksonville  
 

dancejacksonvillesouth.com 

 

ラテンハッスルダンスとは

世の中には非常に多くのダンススタイルがあるので、多少のダンスは放っておくことはたやすいことです。そのスタイルの1つが、「ハッスル」 です。サルサ、フォックストロット、ワルツなどのスタイルと比べると、このスタイルは他のビッグネームなダンススタイルの陰に隠れてしまうことがよくあります。その理由は全く謎に包まれていますが、フロリダ州ジャクソンビルで行われているダンスクラスは、その喧騒を取り戻し、その素晴らしい精神を全世界に披露するのに役立っています。

 

自由と創造性/最も楽しいダンス

ラテンのハッスルダンス、または単にハッスルダンスのスタイルは、何年も前にさかのぼり、豊かな歴史があります。『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』などのヒットしたダンス・テレビ番組でも取り上げられており、世間のメインストリームからの注目を集めています。自由と創造性に富んだダンススタイルの1つであり、参加者を統制されたステップ・プロセスに拘束することはあまりありません。このような理由から、ハッスルを知っている人々にとっては最も踊るのが楽しいダンスだと認識されていることは何の秘密でもありません。ここでは、その歴史と基本を詳しく見ていきましょう。 

 

ハッスルの歴史を見る

元々のハッスルのダンススタイルは、1970年初頭に登場しました。ダンススタイルは、5ステップカウントでターンがまったくないダンスとしてデビューしました。確認されたことはありませんが、ニューヨークのブロンクスで作られたというのが一般的にコンセンサスが取れています。1970年代半ばにはスパニッシュ・ハッスル、後にはラテン・ハッスルへと発展するなど、最初のスタイルが登場した後にも、多くの形態を取りました。 

この派手なダンススタイルが有名になったのは、1970年後半のことでした。ダンススタイルは 「ニューヨーク・ハッスル」 と呼ばれるものに姿を変え、1977年の映画 「サタデー・ナイト・フィーバー」で大きく取り上げられ、まさに世界に旋風を巻き起こししました。サタデー・ナイト・フィーバー」の公開後、ダンスの序列に少しずつ落ち着き始めましたが、最近になって再び復活し始めています。 

 

ハッスルダンスの基礎を理解する

ハッスルは、世界で最も複雑なダンスではありません。そのため、初級者でも上級者でも気軽に踊れます。ハッスルダンス大いにリズムに基づいており、つまり、あなたはリズムとの同期を保つ為に音楽を理解しなければなりません。主要なハッスルの拍子は、4/43/4の音楽で演奏されています。ハッスルの6ビートのパターンは、一度マスターすれば、とても愉快で楽しいダンスへの扉を開いてくれるでしょう。 ハッスルの基本的なことを理解するには、ダンスレッスンから始めるのが一番です。

フロリダ州ジャクソンビルの地域には、あなたのような人々を教えるのが得意なインストラクターがいます。彼らはあなたが最初のステップを身につける自信を与えてくれるので、あなたはダンスでの進歩を感じることができます。

 

ハッスルの一般的な動き

ハッスルの非常によくある一般的で基本的なステップがいくつかあります。最もベーシックな動きは、180度のターン等が含まれます。これは、180度のターンが行われる時、2カウントと3カウントの間で行われ、その後にロックステップと呼ばれるステップが続きます。これは、右ターンでも左ターンでの反時計回りでも可能です。


Hustle - Basic Step (Counterclockwise Turn)

サイドブレイクは、もう1つの一般的なハッスルのステップです。これは、カップルのリーダーが左手を握ったまま、彼または彼女のパートナーを送り出す時です。リードがパートナーの背中を受けると、移動が完了します。


Hustle 1.11.16 side break

これと同じ観点に、車輪(ホイール)の動きがあり、これはカップルにとってダブルハンドホールドの動きです。腕を伸ばして往復させ、車輪のように時計回りに180度回転させて動きを完成させます。


Hustle :: Hesitation & The Wheel

まとめ

ハッスルを踊るのはとても楽しいです。忘れられがちなダンススタイルが、社交ダンスへの新たな関心のおかげで復活し始めています。1970年代にこの国を席巻したダンススタイルは、当時と同じくらい今日でも素晴らしいのです。ダンスの歴史と基本的な動きを少し知っておくと、ダンスに取り掛かり、ダンスが提供するものすべてを楽しむための良い基準となります。 

 

アーサー・マレー・サウスジャクソンビルスタジオのブログより