もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

知っていましたかパート8:アーサー・マレー氏についての事実

https://arthurmurraydanceschools.com/wp-content/uploads/2016/06/arthur-murray-e1494028432992.jpgarthurmurraydanceschools.com

知っていましたか。アーサー・マレー氏に関する事実

 

1.1922年の彼の有名な広告には次のようなものがあった。

 

https://arthurmurraydanceschools.com/wp-content/uploads/2017/05/Arthur_Murray_System_19223.png

 

 彼の有名なスローガンは「歩けるようなら、踊り方を教えますよ。」でした

 

2.若い頃には自信が欠けていた。

アーサー・マレーはニューヨーク市マンハッタンのローワー・イーストサイドで育ち、子供の頃からずっと病気でした。家族の経済力のなさに恥ずかしさを感じ、背が高くてひょろっとした姿で、ひと目を気にする、内気な10代でした。これはあなたがを想像していたアーサー・マレー氏とは逆ではないでしょうか。

踊りが上手であれば、どんな社会的環境でも、若い女性たちの間での人気を簡単に高めることができることに気付いた彼は、ある女性の友人にダンスの仕方を教えてもらい、すぐにその才能に気付きました。

 

3.彼は元々建築家になることを計画していました!

マレーは当時、ブロンクス市の公立高校の1つで、当時市内で最も有名な公立高校のモリス高校を中退し、建築家の仕事に就きました。

彼は計画し独り立ちする決意を固めました。さらに、彼は私立大学クーパー・ユニオンで授業を受けた。しかし、ダンスフロアはまだ彼を魅了し、彼の名前を呼んでいました、そして彼が1912年にワルツコンテストに勝ったとき、彼は彼の仕事と大学の両方を辞めました。

彼は、G.ヘップバーン・ウィルソン・ダンススタジオでダンスインストラクターとしての仕事を見つけ、、毎日さらに数時間をアイリーン&バーノン・カッスルが運営するダンスインストラクターのための学校でトレーニングに費やしました。

4.彼はすばらしいマーケティングスキルを持っていて、何でも試して評判を得ようとしました。

マレーの最初のダンススタジオはアトランタにあり、事業の可能性を高めるため、ダンスのレッスン付きの通信販売と、小さな映画の上映装置であるキネトスコープのパッケージ販売を試みました。これは成功しませんでした。もう1つのアイデアは、建築技術と製図作業で作成した正確な図面を使用する2番めのアイデアで、さまざまなダンスの足跡を表す図をスケッチし、足をシルエットで、線と矢印で正確な動きを図示したものです。彼はこの事業を「アーサー・マレー通信大学」と名づけた。この事業は非常にもうかるもので、1923年までにはニューヨーク市に戻り、オフィスを構え、スタッフを雇って需要に遅れないようにしました。アーサー・マレー・ダンス・センターはそうやって始まったのです!

 

 https://arthurmurraydanceschools.com/wp-content/uploads/2017/05/tango_diagram-of-dance-steps11.jpg

 5.アーサー・マレーは誰に教えたの?!

1927年にはウィンザー公のエレノア・ルーズベルト大統領夫人や、ジョン・D・ロックフェラー・ジュニア、ヘレス・バーバラ・ハットンなど、アメリカの富豪を次々と指南して名を馳せました。

 

 https://arthurmurraydanceschools.com/wp-content/uploads/2017/05/arthur-murray-dance-party.jpg

ファーストレディのエレノア・ルーズヴェルトと踊るアーサー・マレー

 

6.テレビCMを一番長くやっていたのは誰ですか?

テレビが登場すると、妻のキャスリンが1950年に「アーサー・マレー・パーティ」というタイトルの15分間のシリーズ番組の司会をし始めました。これはビジネスを促進するための情報番組でしたが、その後の十年間で、この番組は非常に人気が出てきて、番組は30分間に拡大されました。この長いショーでは、ダンスの指導、ダンスコンテスト、コメディの寸劇が披露されました。15分の「インフォマーシャル」から始まった番組が、いよいよフルタイムのショーになりました。

 

 現在、アーサー・マレー・ダンス・センターは世界21カ国に260以上あります。アーサー・マレー、あなたの心に従い、あなたのビジネスを信じてくれてありがとう。私たちは皆、あなたのおかげで社交ダンスを楽しみ、大きくて温かいアーサー・マレー一家の一員になれます。

 

クリスティー・メルゴザ

アーサー・マレーダンススタジオオーナー、認定審査員、2児の母

Author is Christy Melgoza franchisee of Arthur Murray Woodland Hills CA & Arthur Murray Thousand Oaks CA.

(原著者の許諾を取って翻訳しています)