もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

知ってますか…?パート1.あなたを驚かせるダンスの事実

https://arthurmurraydanceschools.com/wp-content/uploads/2016/06/Untitled.jpg

 

arthurmurraydanceschools.com

 

1.世界で初めてラジオで生の音楽を放送したのは誰ですか? 

リック・ディーズアメリカを代表するラジオパーソナリティではありませんでした。驚いたことに、それはアーサー・マレーだったのです。彼は1920世界初のラジオダンス音楽の生中継の火付け役となり、全国的な注目を集めました。ジョージア工科大学の学生を使って、数マイル離れたキャンパスのラジオ局から生徒たちに音楽を送ることにしたのです。 

2.ウィーンのワルツ(ヴェニーズワルツ)はどこで生まれたのですか。

 

これは簡単。ウィーンですね? ぶー、違います。ウィーンのワルツ(ヴェニーズワルツ)はもともとバイエルン地方の出身で、かつて「German」と呼ばれていました。それは1213世紀に「ナッハタンツ Nachtanz」と呼ばれるダンスまで遡ることができます。

しかし、パリの雑誌「ラ・パトリエ」(フェザーランド)1882117日の記事で、ワルツは1178年にパリで最初に踊られたと主張しました。しかし、その名前はワルツという名の下ではなく、プロヴァンスの「ヴォルタ Volta」としてでした。ああ、かたがついて嬉しいです! 

3.最も長く続いたテレビコマーシャルは何ですか?

 

「アーサー・マレー・ダンス・パーティー」は、CBSNBCABCで放送され、19501962年、10年間以上にわたって放送された後、ギネスブックで最も長く放映されたテレビコマーシャルとしての地位を獲得しました。アーサー・マレーは、またもや時代を先取りしたようです。というのも、今日ではそれはインフォマーシャルとして知られているものだからです。 

4.リンディホップの名前はどのようにして付けられたのでしょうか。

「リンディホップ」という名前の由来については、多くの議論があり、この名前がどのようにして生まれたかについては一般的に3つ説明があります。

1.19世紀末から20世紀初めにかけてのスラング「リンディ」とは、若い女性のことでした。「ホップ」という言葉は、早くも1913年にはスイングダンスの用語として記録されました。初期のテキサスのトミーダンサーたちも、自分たちの踊りの基本的な動きを、この言葉で表現していました。 

 

2.ダンサーの「ショート」ジョージ・スノーデンは、ハーレムのマンハッタン・カジノでのダンスコンテスト中に、ブレイクアウェイダンスをリンディ・ホップと改名しました。

コンテストの期間中、「彼が覚えているように、スノーデンは別れを決意した―つまり、彼のパートナーを追い出し、彼自身のソロステップをいくつか即興で作った。マラソンの単調さの中で、その効果は刺激的なもので、ミュージシャンたちでさえ生き返った...。フォックスムービートーンニュースがマラソンを取材するために登場し、彼の足をクローズアップすることにした」。

インタビュアーは彼に「とめどなく、足で何しているの?」と尋ねると、スノーデンは「リンディさ」と答えた。 

 

3.1927年の有名な大西洋横断飛行を覚えていますか。ショーティ・ジョージが知っていたかどうかは別として、リンディ・ホップはチャールズ・リンドバーグの愛称「リンディ」と関連づけられた。スノーデンを取材していた記者は、この名前をチャールズ・リンドバーグ氏と結びつけて宣伝し、彼の物語をさらに進めたようです。

パイロット、ジョージ・スノーデン、ダンスの関係は、リンディホップ伝説の中で続いています。 

3つのサイドストーリーをすべて聞いた今、あなたはどの物語を信じますか? 

5.アーサー・マレーは誰か有名な人に教えましたか?

社交ダンスではとても名誉あることでした。アーサー・マレーは一流の顧客リストを持っていました。

ケネディ一家、ロックフェラー家、ボブ・ホープ(俳優・コメディアン)ジョニー・カーソン(テレビ司会者、俳優、コメディアン)、マーヴ・グリフィン(俳優・司会者)、ジェーン・フォンダ(女優・作家・政治活動家)、キャサリーン・ヘップバーン(オスカー4度受賞した唯一の女優)などを教えました。 

 

クリスティー・メルゴザアーサー・マレーダンススタジオオーナー認定審査員、2児の母  

Author is Christy Melgoza franchisee of Arthur Murray Woodland Hills CA & Arthur Murray Thousand Oaks CA.

(原著者の許諾を取って翻訳しています)