もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

ソーシャルタンゴとは(アメリカンスタイルタンゴの起源)

æ¥æ²¡ã§ã¿ã³ã´ãè¸ãã«ããã«ã®ã¤ã©ã¹ãPremium Photo

 

socialdance.stanford.edu

Social Dance Descriptionsの「Social Tango」のPDFより。

http://socialdance.stanford.edu/Syllabi/Social_Tango.pdf

 

 

アルゼンチンタンゴは1世紀以上にわたって世界中で人気があります。

そのため、いくつかの異なる形態に進化してきました。

 

この文書は、アメリカンタンゴ(American tango)とも呼ばれる

ソーシャルタンゴ(Social Tango)について記述しています。

 

ソーシャルタンゴとは 

 

アルゼンチンタンゴが、世界で最初に目撃されたのは1910年頃で、アルゼンチンのダンサーがパリに持ち込んだものです。あっという間に、パリ最大のニュースとなりました。いわゆる1912年のタンゴマニアです。世界中のダンサーはタンゴに夢中になり、タンゴをソーシャルダンスのレパートリーに追加しました。

 

1912年のヨーロッパと北米のタンゴの記述と、同じ時期のアルゼンチンのタンゴのマニュアルとを比較すると、北半球のダンサーはほぼ間違いなく、アルゼンチンと同じスタイルで同じステップで踊っています。

その後、時を経ても、ソーシャルダンサーは、それを変える理由がありませんでした。壊れてもいないのに、なぜそれを直す必要があるでしょうか?

 

今日のソーシャルタンゴ(アメリカンスタイルのタンゴ)は、基本的に、元来の1912年の、アルゼンチンタンゴを継続したスタイルです。

どの足から始めるかなど、時間の経過とともにいくつかの漸進的な変化がありましたが、他の2つの形式のタンゴに加えられた大きな変化と比べると、比較的小さなものです。

 

皮肉なことに、これをアメリカンスタイルのタンゴと呼ぶ人もいます。

これは、インターナショナル・スタイルの(イギリスの)タンゴと区別するための呼称ゆえです。

とは言っても、ほとんど変化のない元のアルゼンチン・タンゴを(南アメリカを意味しない限り)「アメリカの」と呼ぶのは奇妙に聞こえます。

 

世界中のダンサーの多くは、ソーシャルタンゴを知っているので、これは、学ぶ価値があります。

これは、他のタンゴ形式よりも「より良い」という意味ではありません。それは個人の好みによります。

でも、ソーシャルタンゴは、パーティーや結婚式、クルーズで友達と踊るのにとても便利なタンゴです。

 

タンゴのフレーム、ポスチャー、スタイル

 

タンゴのポスチャーは、居心地良く、まっすぐです。 ラテンダンスのように「脇の間に余白」を作り、肩が丸まっていたり、肘が横に倒れていたりすることはありません。 フラメンコを考えてみてください。

 

スウィングやワルツより、よりパートナーと固定しますが、手は柔らかくて楽です。多くのタンゴダンサーは体を低くして、膝はわずかに曲がっている状態を好みます。

体を半インチ分だけ下げて、歩くたびに上下に揺れるのではなく、このわずかに下げたレベルでずっとダンスを踊ってください。歩くスタイルは滑らかで、まるで徘徊する猫のようです。初期のタンゴの説明では、「トラのしなやかな上品さを、まねしなさい」と書かれていました。

 

教師の間では、ヒールリードなのか、フラットなフットワークなのか、ボールフラットでウォークするかについて多くの議論があります。

それぞれに熱心な支持者がいて、それぞれが自分の好みを正当化する理由を持っています。

私たちの好みは、強力なスタンスですが、足裏のボールの上で、少し前にウェイトがあります。これは、より人に見えにくくて、よりバランスがとれているからです。でも、それは私たちの好みです。自分に合ったスタイルをお選びください。

 

タンゴとは、個々を表現する踊りです。教師はスタイルの提案をするかもしれませんが、彼らが生徒のスタイルを決めるべきではないと思います。

ブエノスアイレスで最初の頃から、タンゴとは個性の踊りだったのです。

 

タンゴのステップ

 

この後、タンゴのステップが説明つきで紹介されているので、関心のある方は、リンク先のPDF(英語)お読み頂きたい。

 

http://socialdance.stanford.edu/Syllabi/Social_Tango.pdf

 

項目名だけ、以下に紹介する。

 

・プロムナード

・レフト & ライト ファンズ

・タンゴ シャッセ

・タンゴ ルンゲ(Lunge 「突き刺す」の意味)

 

シークエンスの分割

・ファン

・スクエアード ファン

・ターニングファン

・プロムナードファン(カウンタークロックワイズ ファン)

・クロックワイズファン

・ターニングコルテ

・トラブルステップ

・ミキシング ザ ファンズ

・オーチョ(クルザード、シザーズ、クロスステップス)

・マルチプルオーチョ

・フォローズソロオーチョ

・オルタネートオーチョスタイル

・モリネット(「風車」の意味)

・タンゴのディップ

クロッシング イントゥ ディップ

 

続きの記事はこちらから。

mochineco.hateblo.jp

 

 

 

by リチャード・パワーズ

リチャードは歴史的および現代の社交ダンスを40年間教えています。彼は世界中でワークショップを主催しており、現在はスタンフォード大学のダンス学部の常勤講師を務めています。19世紀と20世紀初頭の社交ダンスを中心に、過去5世紀の社交ダンスを研究してきました。彼は1981年に「ビンテージ・ダンス」という言葉を作りました。現代の社交ダンスに関しては、リチャードが強調するのは、柔軟で注意深いパートナー関係、創造性、個人的なスタイルの開発、そして様々なパートナーのダンススタイルに適応する能力です。

http://richardpowers.com/

(原著者から許諾を取り、翻訳しています)