もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

「アメリカンソーシャル」社交ダンスとは一体何か?

ヴァリエーション, フォーク ダンス, スクエア ダンス, ダンス, 真夏, スウェーデン

先程紹介したイベントについて、

mochineco.hateblo.jp

 

なぜ「アメリカン」で「ソーシャル」なのか?

そもそも「アメリカンソーシャル」ってなに……。

聞き慣れない単語に、そのように、疑問に思われた方もいるのではないだろうか。

 

もちねこより分かる範囲でアメリカンソーシャル」という意味を、非常に大雑把に記す。(確認した訳ではないので、正確性は居酒屋の雑談程度である)

 

社交ダンスにおけるアメリカンスタイルとは、

主にアメリカ・カナダで発展してきた社交ダンス・ボールルームダンスの形式を意味している。

昨今では、社交ダンスの最も有名な競技会ブラックプールでもアメリカンスタイルの部門が開催されるようになっている。

 

日本にいると、忘れられてしまうかもしれないが、

世界には、それぞれの地域や国ごとに、様々な二人で踊るダンスの形式があり、歴史の変遷、音楽の嗜好の変遷をたどりながら、現在も楽しまれている。

 

その中で、主に健全なダンスを守る等の目的で、体系化され、本にまとめられ、世界にいちはやく輸出されたのが、イギリスのインターナショナル・スタイル(イングリッシュスタイル)である。

日本は、それを最もはやく取り入れた国の一つである。

当初は、フランスから、アメリカから習ってきた人もいたが、みんな駆逐されて、イングリッシュスタイル一色に染まっていった。

 

アメリカでは、インターナショナル・スタイルが流入するのは1950~60年頃のようで、競技会等もその頃からスタートしたようである。

そういう過程で、アメリカンスタイルとしてスムース及びリズムというカテゴリがまとめられていった。

すなわち、アメリカでは、フォックストロットや数々のスウィング等、独自のダンスを生み出しながら、1910年頃から1960年頃まで、50年程、ずっと楽しむ為のダンスが踊られていた。

ペアダンスは、ソーシャルスタイル(=つまり社交のためのダンス)だったのである。

 

概説はここにある。

mochineco.hateblo.jp

 

 

 

詳細は、アメリカのダンス史家のリチャード・パワーズ氏の記事をお読み頂きたい。 

mochineco.hateblo.jp

 

 タンゴの記事も併せてお読み頂くと理解が深まる。 

mochineco.hateblo.jp

 

mochineco.hateblo.jp 

成立まもなくから競技会が行われ、「正しいダンス」を広めようとしていたイギリスのインターナショナル・スタイルとは成立の過程が全く違うことを覚えておかれたい。

 

つまり、アメリカンスタイルと名称はついているが、本来は「単なるソーシャルダンス」のことである。

インターナショナルスタイルとの区別のためにアメリカンスタイルの名前を使っている人がいるというだけということのようだ。

そして、アメリカだけでなく、世界中で小さな差はあれど、ソーシャルダンスは踊られているのである。

 

 

ちなみに日本でも、1950年頃からアメリカンスタイルの紹介は、度々、著名なダンス指導者によって雑誌に取り上げられている。

それについては、次の記事を参照されたい。

mochineco.hateblo.jp

 

残念ながら、日本では、アメリカンスタイルを教授するダンススクールは少ないようだ。(検索してもあまり出てこなかった)

50年経っても、アメリカンスタイルは日本に根付いていないようだ。

 

しかし、趣味としてダンスをほどほどに楽しみたい人には、その成立過程から見ても、シンプルさ、楽しみを重視した指導方法は、目的に適っているのではないかと思われる。

 

もちろん、競技会を重視し、難易度が高くなり過ぎたインターナショナルスタイルも、この点を反省して、ドイツを中心としてワールドダンスプログラムが作られた。

(その際、アメリカのダンス指導方法が参考にされたというのをどこかで読んだ。)

 

ワールドダンスプログラムついては、下記のカテゴリをお読み頂きたい。

mochineco.hateblo.jp

 

話がずれるが、筆者が気になるのは、日本におけるインターナショナル・スタイルの受容のされ方である。

mochineco.hateblo.jp

mochineco.hateblo.jp

あなたがアメリカンスタイルとインターナショナルスタイルのどちらか一方の側を選ぶ必要がないということです。実際、私達全員の社交ダンサーは両方から学び、私達のダンスの進歩を改善するために両方のスタイルを使用することができます。どちらの側にも熱心なダンス学生がいますが、一方の側を他方の側に優先させると、ダンスの旅路の全体の楽しみが制限される恐れがあります。

このことを考えてください。アメリカンスムースのトップレベルの専門家の多くはインターナショナルスタンダードのダンス講師と仕事をしており、インターナショナルスタンダードのトップレベルの専門家の多くはアメリカンスムースのコーチと仕事をしている。なぜでしょう。それは、どちらの側も相手のしていることを評価しており、特にダンスの旅路を通して、新しいことに挑戦することで常に何かを得ることができるからです。

日本における10ダンス至上主義のような態度、あるいは、昔は社交ダンスがすごかったのに、昨今はダンスといえば若い人はみんなHIPHOPEXILEを思い浮かべてけしからん…というような言説は、個人的には残念に感じている。

 

歴史を紐解いてほしい。

mochineco.hateblo.jp

mochineco.hateblo.jp

 

ということで、長くなったが、

アメリカンソーシャルダンスパーティ」という名称は、

アメリカンスタイルの社交ダンス

・ソーシャルスタイル(コミュニケーション、まさに社交の為のダンス)

という意味合いと、歴史的な位置づけから、着想を得てのものではないかと思われる。

 

アメリカンという名前にとらわれず、パーティで踊る楽しむ為のダンスをしたい方向けのダンスとして、広まってほしいと願っている。