もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

スターのように踊る方法を学びましょう。本当に必要なものは何ですか?

「Dancing with the Stars」の画像検索結果

arthurmurraydanceschools.com

 

 

 スターのように踊る方法を学びましょう。本当に必要なものは何ですか?

 

ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ(Dancing With The Stars)を見て、こう自分に問いかけたことはありますか?

どうして彼らは1週間の内に、クレイジーでハードなステップとリフトもある完璧なルーティンができるんだろう?それなのに自分は1ヶ月経ってもボックスと他に2〜3個のステップがやっとこさだ…😥」

または、「ダーティ・ダンシング」のような映画で、最後にジェニファー・グレイとパトリック・スウェイズがするような歴史に残るリフトのあるルーティンを見て、とてもわくわくした人はどれくらいいるでしょうか?

 

でも、先生は、あなたがまだ準備ができているとは思っていません。

 

私たちのほとんどは、様々なダイエット製品やプログラムの宣伝コマーシャルを見た時、おそらくこれらのことを考えてきました。

それが減量、ダンス、装飾、さらには料理であっても、メディアや映画は、何か新しいことを学ぶことについて教えてくれないことがあります。

だから、私はいくつか指摘しておきたいことがあります。

 

1.ダンスの習得にかかる時間

 

練習にかける時間が、あなたのパフォーマンスを完全に左右します。

あなたがテレビで楽々と踊っているのを見る俳優たちはこれらのルーチンを見苦しくないようにするために、毎日何時間も続けて練習しています。彼らにとっては、カメラの前で学び、練習し、演じることが彼らの仕事です。

忙しいスケジュールから時間をかけてレッスンを予約する必要はありません。ダンスレッスンが彼らの主な優先事項になるからです。

あなたは、「彼らは私よりも学習スピードが速いのかも」と思ったかもしれませんが、実際、彼らも誰よりも早く学習するということはありません。

つまり、時間をかけているだけです!

週に1時間ずつ練習しているのに、どうしてダンスの上達が遅いのかと不思議に思うのは、週に1時間しか運動をしていないのに、なぜスタイルが悪いのか不思議に思うようなものです。うまくいきません。

しかし、それは進歩がないということではありませんただ進行が遅くなるだけです。ダンスは他のスポーツと同じです。このゲームをプレイする前に、時間をかけてスキルを磨く必要があります。

 

2.ダンスルーティンとソーシャルダン

 

映画やテレビのダンサーはとても素敵に見えるのは知っていますが、彼らと一緒に踊るのは楽しいでしょうか?

彼らはリードしたりフォローしたりできますか?

彼らはリズムを保ち、リズムに合わせて踊ることで、音楽にノリ続けることができますか?

彼らはどのダンスがどの曲で踊れるか分かりますか?

ほとんどの場合、これらの質問に対する答えは、「いいえ」でしょう。

 

私は子供の時から社交ダンスをしていましたが、私が通ったスタジオでは、年末の発表会のルーティンを学ぶグループクラスしかありませんでした。高校時代ずっと一緒に踊っていた20人ほどの子どものうち、ダンスを続け、ダンス関係の仕事を続けているのは三人だけです。私がずっと連絡を取り合っていて、今、ダンスをしていない人たちは、もうダンスの仕方は分からないやと言っています!

目を見張るようなスウィング、フォックストロット、さらにはパソ・ドブレなどのルーティンを彼らも踊っていたのをはっきりと覚えているので、その事実は私の心に衝撃的です。

何人かに忘れてしまった理由を尋ねたところ、彼らはルーティンを学びましたが、その方法しか知らないのだと答えました

ルーティンを習うのは悪いことではありません。

また、中には、派手なステップや振り付けで人々を単に感動させるためだけに踊りたく、社交的に踊りたくないという人もいます。

それには何の問題もありませんが、私が出会った最高のダンサーたちは、学習した日常的なダンスのステップを独創的に持ち出し、社交の場で使っています。これにより、彼らは即興でダンスパートナーを受け入れ、より創造的になることができます。今日に至るまで、私はまだ、ソーシャルなボールルーム式のパートナー関係に完全に適応するのは難しいと感じています。パートナー関係とは、ルーティンの見せ場というよりはむしろ、ボールルームでの日常なのです。

自分の体の動かし方だけを気にしていたダンサーにとっては、これは大した転換点です。 

3.粘り強さ/忍耐力

私はパフォーマンスすることが大好きです。自分の番が来るのを待って舞台裏に立って待ち、そして、みんなの前に急いで出て、自分が持てるものを皆の前で全て出すということは、予想とはまるで違っています。

私は終わってお辞儀をしている時に、大勢の人がどよめくのが大好きです。私は自分のルーティンスタイルのダンスを感情やエネルギー表現以上のものにしたかったのです。

 

大学では、最初のセメスターでシルバーレベルのテクニッククラスに入りました。

授業の初日、私はある男子とフォックストロットを踊りましたが、彼はすぐに私に言いました。

 

「このクラスにいちゃいけないよ。君、フォローできていないじゃないか!

 

私はとてもショックを受け、傷つきました!よくもまあ、こいつ!!私がもう5年間もダンスのレッスンを受けていたことを知らないの?!もちろん私はシルバーレベルのダンサーよ!!高校3年生の時、スタジオのシルバークラスにいたんだから!!

私は、このクラスでカバーしていたことのほとんどをすでに終えていたんです。

 

でも、彼は正しかったのです。私はどうやってフォローしたら良いのか分からなかったんです。

私はステップは知っていました。

私はルーティンを踊ることはできました。私はルーティンが大の得意でした。

 

だから、この時、私は人生の中で真に最高のフォローになることをミッションにしました。

そのようにして私は「ソーシャルダンシング(社交ダンス)」を発見しました。

 

毎週水曜日の夜、大学のスウィングダンスに行き始めました。早めに教室に行って、インストラクターや上手な人とできるだけダンスをしていました。私よりダンスが上手な人と踊るのが上達の近道だと知りました。

3年間、1回も水曜日の練習を欠かさなかった!1年後、私はインストラクターと親しくなり、何度か授業の手伝いをしました。その後、インストラクターになり、スウィングチームに挑戦して成功しました。また、ダンスを上達させるために、ワークショップやクラスに行ったり、コーチングレッスンを受けたりしました。

 

さて、脇道に逸れていることは認めますが、私に「フォローできてない」と言った意地悪な男子に戻りましょう。学期の終わりに、私は期末試験のために彼とペアを組みました。そして、クラスには男子より女子の方が多かったので、彼には2人目のパートナーがいました。

彼は相手が何か間違ったやり方をしているので、もっと私のように踊るべきだったと言って私を褒めました。そしてついに私は彼より高い得点を取ったのです!

でも、私の目標は、この男に勝つことではありませんでした。全然。

私の目標は、自分に何者かであるかを証明することであり、それは自分をシルバーのテクニックのクラスのレベルのダンサーに引き上げることでした。何日も何時間も費やしたかいがあって、最高に幸せでした。

 

結論としては、ルーティンを行うだけでは、十分ではなかったのです。

 

ソーシャルダンス(社交ダンス)を組み合わせ混ぜ合わせることで、単にダンスのステップを知っているだけの人ではなく、ダンサーになれたのです。

社交ダンスは私がより良いパフォーマンスを表現するのに役立ちました。

 

私がここで本当に言おうとしていることは、ダンスフロアに上がることには時間がかかるということです。そしてさらに、あなたが今までの人生でずっとそうしてきているように、才能が開花するようになるのにも時間がかかるということです。

ステージや競技で賞を取るにはさらに時間がかかります。

インターネット、携帯電話、i-Pad、電子レンジなど、メディアやテクノロジーの恩恵を瞬時に受ける現代では、欲しいものが手に入るまで長い時間待つ必要はほとんどありません。ボタンをクリックするだけで、さまざまな機能を利用できます。

 

しかし、本当に幸せになったり達成感を得たりすることには、時間と粘り強さと忍耐が必要だと私は思います。ダンスは間違いなくその1つです。時間と労力を投入して、何も考えなくても曲をただ踊っていることにダンスフロアで気付いたその瞬間の後、私が何を言っているのか分かるようになるでしょう。

 

クリスティー・メルゴザ

アーサー・マレーダンススタジオオーナー、認定審査員、2児の母

Author is Christy Melgoza franchisee of Arthur Murray Woodland Hills CA & Arthur Murray Thousand Oaks CA.

(原著者の許諾を取って翻訳しています)