もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

自己破壊的なダンスパートナーを支援する5つの方法

画像

www.arthurmurraylive.com

 

 

それが起こるまで、あと何分?

導火線に火がつき、次に突然、ふくれっ面、静かなモノローグが始まり、やがて完全にメルトダウンします。ダンスによって引き起こされたメルトダウンの側にいたことがある人がいますか?でしたら、これはあなたの記事です。

 

1.学習曲線(カーブ・オブ・ラーニング)

 

ポスターで見たことがあるかもしれないし、ダンス番組で見たことがあるかもしれないし、このブログで記事を読んだことがあるかもしれません。
どこかの時点で、この学習曲線を知っていることが、あなたのむき出しのダンスを守ってくれます。あなたのダンスパートナーのことは言うまでもありません。

 

学習曲線とは何でしょうか?

学習曲線(カーブ・オブ・ラーニング)は、ダンスで使用されている、学習のプロセスを説明するチャートです。すべては、最初に紹介される初期の学習段階から始まります。それは不快で厄介な使用段階へ続き、スキルやステップはできるが、困難を伴います。何度も何度も繰り返すうちに、学生は意識的な使用段階へと移行し、そこでは体として行動は学習されているが、頭では全てを考え抜かなければなりません。最終的に、生徒は自然な使用段階に到達します。これは、明確さ、創造性、そして楽しみを伴ってスキルやステップが行われる時です。

 

(参考)

mochineco.hateblo.jp

 

これが機能する理由は次のとおりです。

 

プロセスを伝え合う

 

ダンサーが「プロセス健忘症」になるのは実に簡単なことです。 スタジオにたくさんある鏡であろうと、内容に対する本物の欲求不満であろうと、現在のネガティブな瞬間に閉じ込められた時には、自分がどれだけ遠くに来たのかを見失ってしまいがちです。

 

視点を提供する

 

「自然な使用段階」への旅を記録するポスター・パンフレット・記事があることを知っていれば、安心できます。 読者に、他の人もぎこちなくて、時々、脳内で立ち往生してしまうこと、そして、あなたが少しも異常ではないことを思い出させます。

 

2.タイムラインを作成します

口論は、ダンスパートナーの自己破壊マシンが動作するために必要な燃料です。

重要なのは、口論の時間を大幅に短縮する戦略を立てることです。ありとあらゆる問題が起こる前に、練習のアジェンダ(検討課題)に合意しておくことは、運転を始める前にシートベルトを着用することに同意することに似ています。

 

ここの学生たちは、運がいいですね。

あなたと一緒に取り組んでいるアーサー・マレーのプロフェッショナルは、レッスンを受け、中身をいっぱいにし、前向きな推進力を持つように設計されています。もしあなたがプロのダンサーで、他のプロと組んでいるか、あるいはアマチュア同士で踊っているなら、以下があなた達の練習スケジュールの例です:

  • 30分間のストレッチ、有酸素運動、ヨガから始めましょう
  • 30分間の基本的なアクションを個別に行う
  • あなたの分野に合わせて、ダンスを2ラウンドを踊る
  • コーヒーブレイク
  • 強調して取り上げるべき2つのダンス、もしくは原則を選択する
  • 前の項目で重点的に取り組む要素を統合してから、ダンスを2ラウンドを踊る

アジェンダ(検討課題)を持つことで、多くの問題が解消されます。ほとんどの口論は、あなた方の練習に対する目的のない取り組み方から始まっています。リストに書いたアジェンダは唯一のものではありませんが、んな時でも、システム化することは、組織化が不完全な状態を上回ります。

 

3.改良のタンク


ダンスの進行状況には3つの別々の燃料タンクがあると想像してください。各タンクは、あなた自身の進行に応じて、空から満杯にすることができます。現実には、常に満杯になるとは限りません。以下は、追跡用の「改良タンク」です。

  • ダンスの見栄えを改善できます
  • パートナーに対するダンスの感じ方を向上させることができます
  • 自分のダンスの楽しみ方を改善できる

ダンスの見栄えは、三者の視点と関係があります。ポスチャー、スタイル、タイミング、ダンスフロアでの移行などの明らかな事柄のすべてが、外部の観察者には良く見えているのです。たとえ踊っている人にとっては気分が良くないとしても。

あなたのダンスがパートナーにとってどのように感じるかは、ダンサーとしてのあなたのダンスの感じ方とは、完全に無関係で独立しています。
パートナーは、心の内でどう感じているかに関係なく、成長を促し、改善すべき領域を見つけることができます。

自分のダンスが自分にとってどのように感じられるかが、最も満たすのが難しいタンクになりうるのです。私たちは自分自身の最悪の批評家になる可能性があり、自分のダンスを評価するときに、プラス面に意図的に目をつぶることは珍しくありません。

 

保険として、これを使用する

これは長期にわたる武装解除の習慣です。つまり、フラストレーションが頂点に達した時にではなく、ダンスの「平和な日常時に」、これら三つのタンクを装着しなければならないということなのです。保険と同じように、災害後は費用が高くなります。購入が早ければ早いほど、保険内容も充実しています。
ですから、これを読んで、反映し、必要に応じて繰り返すことで、ダンサーが自らを破壊工作する可能性のある「合格・不合格」のみのシングルタンクのメンタリティを取り除くことができます。

 

4.環境の変更

ダンスの練習中に、イライラの燃え上がりを減らす鍵は、音楽、場所、照明を変えることです。

パートナーのフラストレーションが見栄えによるものなら、照明を落としましょう。
振り付けの特定のセクションに基づいている場合、彼らに内にこもる自由を与えましょう。そっとしておきなさい。

パートナーの気分がずっと悪いのであれば、何か別の音楽を選んでコーヒーを飲み、待っている間に、リンク先の記事「ダンスパートナーがあなたの声を聞くために必要な7つのこと」を読みましょう。

www.arthurmurraylive.com

あなたはこの3つを全て組み合わせてやる必要があるかもしれませんが、どれも安全で、協力的で、スズメバチの巣をつつかないようにしてくれます。

 

5.沈黙の音


時々、パートナーはただ怒りを放出する必要があるだけです。もし私たちの最初の思いつきが問題解決志向であると、その試みは”問題”になる可能性があります。
代わりに、外の空気を吸って休憩することはまったく問題ありません。

フラストレーションの一巡するのを助けるためには、うっかり口を滑らす必要があるかもわかりません。

フラストレーションは面倒見の副産物であることに注意する必要があります。
どっちつかずで、ノーリアクションで、最終的な成果物へも無関心なパートナーといたいですか?
感情は強いエネルギーです。時にはその強いエネルギーを外に出し、方向を向け直す必要があります。

 

静かにして

 

最後に足の指をぶつけたときのことを考えてみてください。あなたは何か恐ろしいことを言って、痛みにひるみ、ぶつけた自分に腹を立てたのでは?

誰かに「どうして叫んでいるの?」「そこに足を踏み入れるべきだったのに」「大丈夫だよ」と言われたとしましょう。

 

誰かが何かを述べている間、あなたが黙っていれば、そのプロセスを中断することはありません。

最終的な考え

テニスのダブルスはシングルとは違うチャレンジですね。ボートやアイススケートのように、同じ目標に向かって他の人間と一緒に働くことは、課題と報酬の両方が得られるということです。ダンスだけでなく、人材育成の両面が必要なのです。

どのようなパートナーシップも、コミュニケーション、忍耐、チームワークを常にチェックし、双方のバランスを取ることなしには生き残れません。

このことの美点は、あなたの行く手を阻む挑戦はどれも、それらのスキルを磨く機会になっていることです。

 

アーサー・マレーのトップ指導者のトラベリングコンサルタント、ビジネストレーナーフランチャイジーの一人、Chris Lynam(クリス・ライナム)先生の記事より