もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

アメリカンスタイルの中毒性ーアメリカンスタイルコングレスは真に問題を起こす価値があったのだろうか?


www.dancecompreview.com

 Dance Comp Review Team による記事

 

 


はい、間違いなくYESです!

アメリカンスタイルのダンスを一言で説明しなければならないなら、私ならこう言うでしょう。

「中 毒 性!」


ええ、競技ダンスには一般的に中毒性があることは知られていますが、メリカンスタイルは独特の中毒性を持っており、かつ、ユニークです。

 

ご存じの方も多いと思いますが、アメリカンスタイルはリズム&スムースに分かれています。

 

  • アメリカン・リズム

    は、自然で官能的な感覚を持ちながらも、強い情熱と激しさを持っています。かつてはラテンアメリカの本格的なリズムの曲(もちろんドラムがたくさん使われていました)に合わせて、ラテン系のクラブを中心に踊られ、やがて競争の激しい世界へと進出していきました。「Soft Knee やわらかい膝」のテクニックで知られるこの種目は、インターナショナルスタイルのラテンとは異なります。さらに付け加えると、ダンスの歴史では、インターナショナルスタイルのラテンは、アメリカンスタイルのリズムに基づいて再発明されたと言及しています。

 

  • アメリカン・スムース

    はどんなダンサーにとっても夢のようなスタイルです。スタンダード、ラテン、バレエ、コンテンポラリーの要素を備え、技術的な明確さを保ちながら、動きと表現の自由をもたらします。スムースの重要な機能は、動きの連続性を維持しながら、クローズド、オープン、サイドバイサイド、シャドウなどからポジションを変更できることです。

 Bob-and-Julia

踊りが達者で、そのスタイルに忠実な時、リズムもスムースも見ていて魅力的です!

 

しかし、アメリカン・スタイル最大の問題点は、多くのダンサーや観客が、自分たちはアメリカンスタイルを理解していると思っているのですが、実際には全然理解していないことなのです。

 

オープンポジジョンが少ないスタンダードは、スムースと同じではありません。

ジャイブをスローダウンしてスウィングと呼んでもリズムにはなりません。

Sam-and-Eddy

 

アメリカン・スタイル・コングレスは、アメリカンスタイルを明確に理解するのに最適な場所の1つだと考えられます。この会議はサム・ソダノエドワード・サイモンによって提供されています。

アメリカンスタイルのテクニックと芸術性を開発・定義し、その独自性と特異性を認識させることが使命です。ニューヨークダンスフェスティバルの日曜日のアジェンダの一環として、ニューヨークで開催された第5回年次イベントに参加した後、私たちはこれには他に2つの大きな利点があると信じています。

 

アメリカン・スムース&リズムの現在・歴代チャンピオンの全面的・技術的アプローチにおけるスタイルの明確さ

今年のコングレスは10セッションありました。それぞれが非常に明確ではっきりしたメッセージがありました。

 

第1セッション

Bob-Powers-Julia-Gorchakova


元リズムチャンピオンのボブ・パワーズ(Bob Powers)とジュリア・ゴルチャコワ(Julia Gorchakova)は、3つの異なるタイプのダンスエネルギー (リラックス、動き、緊張) が、どのように同じ振り付けで、著しく異なる効果をもたらすかを示しました。
彼らはまた、フォーム、ライン、リズム、パワーがどのようにして相互に感情を積み重ねて、ダンスを発展させることができるかについて議論し、示しました。

重要な学習ポイントは、エネルギーの役割をより深く理解し、それが感情やダンスの構造にどのように影響するかを理解することでした。

 

ボレロアメリカンリズムにしかない種目)のデモ


Heritage Classic 1996 - American Rhythm Demo: Bob Powers & Julia Gorchakova (Bolero)

 

アメリカンリズムのルンバのデモ(日本の三笠杯にて)


Bob Powers & Julia Gorchakova Prince Mikasa Awards Show Rumba.wmv

 

アメリカンリズムのチャチャ


Bob Powers & Julia Gorchakova Cha Cha at the Indiana Challenge 2005

 

※現在、ボブ・パワーズアリゾナ州アーサー・マレーメサスタジオのオーナーであり、妻のジュリアはコアリズムの開発者としても有名。現在はドレスデザイナーとしてアーサー・マレーに関わっている。

*ジュリアのインスタグラム

https://www.instagram.com/artistryinmotiondesigns/?hl=ja

 

第2セッション

ピーター・アレクサンドラ・ペルズ


ピーターとアレクサンドラ・ペルズ(Peter & Alexandra Perzu)は、アメリカンスムースと現9ダンス(スムース&リズム9種類のこと)チャンピオンです。彼らはアメリカン・スムースのテクニックと各ダンスのレベルについて語りました。フォックストロットのHigh and light(高さと軽さ)、タンゴでは、medium and vertical(中間と垂直)、スローワルツでは大きなストレッチと感情表現を可能にするlow and heavy(低さと重さ)です。

重要な学習ポイントは、スムースに命を吹き込むムーブメントの次元でした。彼らはアメリカン・ボールルームにおけるボリューム、スイングとスウェイ、フロー、ダイレクションの重要性を参加者に理解するのを助けました。

 

※Peter Perzuは以前Arthur murrayに勤務しており、現在もArthur Murrayと協力して、Alexandraと共にアメリカンスタイルを世界中に広める活動をしている。

 

2015年のオハイオスターボールでのアメリカンスムースのショーダンス


2015 Ohio Star Ball - Peter & Alexandra Perzhu - American Smooth Showdance - 4k

 

2010年のオハイオスターボールでのジャジーなフォックストロットのショーダンス


Peter and Alexandra - Pro Smooth Foxtrot Show Dance - OSB 2010

 

ヴェニーズワルツ


Peter & Alexandra Perzhu- V/Waltz

 

第3セッション

Nazar-Norov-&-Irina-Kudryashova

プロ・アメリカン・リズムで準優勝したナザル・ノロフとイリーナ・クドリャショワ(Nazar Norov & Irina Kudryashova)は、講演の中でリズム・ダンスにおけるストーリーテリングの価値に触れました。彼らはまた、一直線上のラテンとは対照的に、アメリカンリズムの非常に特異的な「回転して柔らかい rotary and soft」なテクニックを実証してみせました。

私の意見では、リズムテクニックの安定性を示す、プラスチックカップと水を使ったトリックが最も魅力的でした。ナザルとイリナは、スウィングが本当は何であるかを十分に理解してさえいれば、ジャイブのルーティンをどのように使ってスウィングに簡単に変換できるかということを示しました。

 

彼らh、下記にも書いてあるように、2007年にプロ転向以来、North American Rising Star Champions, Grand National Champions, The Ohio Star Ball Rising Star Champions, United States National and Open to The World Rising Star Finalists and winners and Grand finalists of many more prestigious events around USやUnited States National Professional 10 Dance Finalistsなどインターナショナルスタイルで様々な戦績を残したあと、2013年にアメリカンリズムにさらに転向し、輝かしい成績を残している。

https://dancevision.com/instructor/irina-kudryashova/

 

2016年のオハイオスターボールでのマンボ


2016 Ohio Star Ball - Nazar Norov & Irina Kudryashova - American Rhythm Qtr-Final - Mambo - 4K

 

2013年のオハイオスターボールでのスウィングのショーダンス


2013 Ohio Star Ball - Nazar Norov and Irina Kudryashova - Swing Showdance

 

2013年のオハイオスターボールでのアメリカンリズムのチャチャ


2013 Ohio Star Ball - Nazar Norov & Irina Kudryashova - Cha Cha

 

第4セッション

Valentina-Kostenko

元スムースチャンピオンであるヴァレンティーナ・コステンコ(Valentina Kostenko)は、競技スタイルのアメリカンスタイルのダンスについて、詳細を語りました。彼女は、振り付けによっては、ジャッジがあなたをうまくマークするのが難しくなることがあるといういくつかの例を説明しました。彼女はまた、ムーブメント、強調、次元のシェイプ(dimensional shape)、フロア上でのパートナー同士の関係、そしてジャッジの目にとって不可欠である移行についても説明しました。重要な学習ポイントはアメリカン・スムースの自由が乱用されないようにすることでした。

 

ジョナサン・ロバーツとのヴェニーズワルツ


Jonathan Roberts & Valentina Kostenko, Viennese Waltz

 

ジョナサン・ロバーツとの「ロミオとジュリエットの愛のテーマ」

 


Sid Pocius and Valentina Kostenko performing Foxtrot

 

シド・ポシウスとのフォックストロット

 


Sid Pocius and Valentina Kostenko performing Foxtrot

 

第5セッション

Charlie-Jeannie-Penatello


元リズムチャンピオンのチャーリー&ジーニー・ペナテロ(Charlie&Jeannie Penatello)は、素晴らしいユーモアでパートナーシップの落とし穴と成功要因を強調しました。これらは、互いの長所のバランスを取り、意見の不一致をうまく管理する必要を含みますので、ダンスの時間をすべて戦いに費やす必要はありません。彼らは、パートナーの選択と小さな行動における尊重から、各パートナーが自分自身とパートナーシップの中で行う必要がある投資まで、すべてをカバーしました。重要な学習ポイントは、パートナーシップが不安定な場合、ダンスカップルとして成功するために投資すべきエネルギーを浪費してしまうということでした。

 

*彼らはカナダのラ・クラシック・チャンピオン、テキサスチャレンジチャンピオン、フレッド・アステア・ナショナルチャンピオンズ、米国中西部チャンピオン、バージニア州チャンピオン、オハイオスターボールチャンピオンシップ1位、米国ダンスボールルームチャンピオン、アメリカワールドアメリカズカップチャンピオンであり、ダンスチェーンのフレッド・アステアスタジオのインストラクターからディレクターを務め、世界大会のジャッジ、NDCAのメンバーである。

第6セッション

Steve-Dougherty-Eulia-Baranovsky

元スムースチャンピオンのティーブ・ドゥアーティとエウリア・バラノフスキー(Steve Dougherty&Eulia Baranovsky)は、パートナーシップとスタイルの中で、自分のユニークな個人的役割を決定する方法を見事に示しました。彼らは、自分達のものではないものを、カップルに合わせることを考えずにコピーするリスクを明確に示しました。彼らの講義の要約はこれでした。「みんなを喜ばせることはできません!それぞれの人は、自分にとって何がうまくいくのか、うまくいかないのか、そしてダンスフロアに一緒いる相手について、意識的に決断しなければなりません」

 

フレッド・アステアジンジャー・ロジャースのチーク・トゥ・チークのショーダンス


Dougherty & Baranovsky "Cheek to Cheek" Showdance 2007

(なお、アメリカンボールルームチャンピオンシップのショーダンスで1位になった時のもの)

 

2007年のUSDCのタンゴ


Steve Dougherty and Eulia Baranovsky Tango

 

Fever ジャジーなショーダンス


Dougherty & Baranovsky Showdance "Fever"

 

第7セッション

Emmanuel-Pierre-Antoine-Liana-Churilova

現リズムチャンピオンのエマニュエル・ピエール・アントワーヌとリアナ・チュリロワ(Emmanuel Pierre-Antoine&Liana Churilova)は、タイミングの問題に深く取り組みました。彼らは、パートナーのタイミングに関する思い込みの微妙な違いが、カップルに問題を引き起こす可能性があることを示しました。講義の引用-「全てのものは、独自の時間を持っています!」タイミングは、エマニュエルとリアナが説明したように、不調和の隠れた原因であることが多いのです。ですから、次回の練習では、微妙な不調和がフロアに現れたときに、あなたとパートナーの頭の中のカウントをチェックしましょう。

 

2016年のフロリダスーパースターズでのスウィング


2016 FLORIDA SUPER STARS - EMMANUEL & LIANA SWING

 

2009年のオハイオスターボールでのチャチャのショーダンス


2009 Ohio Star Ball - Emmanuel Pierre-Antoine & Liana Churilova - Cha Cha

 

2015年のオハイオスターボールでのボレロのショーダンス


2015 CALIFORNIA STAR BALL - EMMANUEL & LIANA BOLERO

 

マイアミダンス・スポーツでのデモンストレーション披露


Emmanuel Pierre-Antione & Liana Churilova Miami Dancesport 2016-1

 

*エマニュエル-ピエールとジュリア・ゴルチャコワのショーダンス


Emmanuel Pierre-Antoine and Julia Gorchakova (2008 AR Show Dance)

ジュリアはボブと引退した後、一旦競技を再開して、エマニュエルと組んでいたことがある。

 

第8セッション

Mazen-Hamza-Izabella-Jundzill

6回アメリカンスムースの準チャンピオンかつ13回アメリカンスムースファイナリストであるマゼン・ハムザ&イザベラ・ジャンジル(Mazen Hamza&Izabella Jundzill)ダンスにおける3つの重要な関係を説明しました。(1)ダンサーと自分自身、(2)ダンサーとパートナー、(3)ダンサーと音楽との関係、その各関係がどのように調和するか、そして機能するために必要な方法についてです。ここでの重要な教訓は、上記の関係のいづれかが同期していなければ、どのダンサーにも強さはありません。また、あなたがそのままの自分でいればいるほど、パートナーのためにより良くなることが出来ます。

 

2016年のゴールデンスターチャンピオンシップでのタンゴ


2016 Open Smooth Golden Star Champions: Mazen Hamza and Izabella Jundzill

 

2012年オハイオスターボールでのワルツ


2012 Ohio Star Ball - Mazen Hamza & Izabella - Waltz

 

2011年のオハイオスターボールでのワルツ


2011 Ohio Star Ball - Mazen Hamza & Izabella Jundzell

 

オハイオスターボールでのアラビアンなショーダンス


OHIO STAR BALL - Mazen Hamza & Izabella Jundzill - Show Dance - 2010

 

第9セッション

Bill-Sparks

 

ビル・スパークス(Bill Sparks)の講演のテーマは「Hip Lift ヒップリフト」と呼ばれるテクニックで、アメリカンリズム特有の曲がった膝(bent knee)の上に乗るというものでした。彼はジョナサン・グリーンとレイチェル・ニールソン(Jonathan Green&Rachel Neilson)をモデルにしました。ビルが伝えたかった最大のポイントは、アメリカンスタイルのリズムとインターナショナルスタイル・ラテンの違いでした。彼はまた、すべての動きにおける明瞭さと歯切れの良さの重要性を強調しました。ここでの重要な学習ポイントは、アメリカンリズムのユニークな動きをよく理解し、信念を持って示し、アメリカンスタイルで上手に踊る必要があるということでした。

 

シャーリー・ジョンソンとのチャチャ


Shirley Johnson & Bill Sparks 'Cha Cha 94' ~ International Latin Ballroom Champions

 

シャーリー・ジョンソンとのショーダンス Cafe Latino


Bill Sparks & Shirley Johnson - Cafe Latino 1994

 

シャーリー・ジョンソンとのパソ・ドブレ


Bill Sparks & Shirley Johnson - Paso Doble Showdance 1994

 

シャーリー・ジョンソンとの1993年のブラックプールでの模様


Bill Sparks & Shirley Johnson - Blackpool British Championships 1993

 

アメリカンリズムのヒップリフトのテクニックについてサム・ソダノと語っている動画


Hip Lift Technique with Sam Sodano and Bill Sparks. (DanceSportExperts.com)

 

ブラックプールセミファイナリスト。ビル・スパークスはArthur murrayに数十年務めていた。パートナーのシャーリー・ジョンソンは現在もArthur murrayのTravering Consultantを務めており、来日経験もある。

第10セッション

Jonathan-Roberts

 

ジョナサン・ロバーツ(Jonathan Roberts)は、ダンスで自分自身を発見することについて話しました。彼はErin MarieとMichael Choi(エリン・マリーとマイケル・チェ)という比較的新しいパートナーをモデルに、一度に1つの身体のパーツを選択することでスタイルを構築する方法を実演しました。さらに興味深いことに、彼は観客を利用して、体の各部位のムーブメントの特徴やスタイルを選ぶのを手伝いました。ここで重要なことは、ダンスのムーブメントの各要素がどのように役立つのか、そしてムーブメントを探求することがあなたのスタイルを理解し、それを見せることはどれほど重要かということでした。

 

2009年のオハイオスターボールでのヴァレンティーナとのショートプログラム


Jonathan Roberts and Valentina (2009 Finals - Short Program)

 

2009年のオハイオスターボールでのヴァレンティーナとのロングプログラム


Jonathan Roberts and Valentina (2009 Finals - Long Program)

 

 アンナ・トレブンスカヤとのフェアリーテイルのヴェニーズワルツ


Jonathan Roberts & Anna Trebunskaya - Fairytale

 

アンナ・トレブンスカヤとのDancing with the Starsでの幻想的なワルツ


Anna Trebunskaya & Jonathan Roberts - Waltz

 

アンナ・デミドヴァとのDancing with the Starsでのタンゴ


DWTS Professional Tango by Jonathan Roberts & Anna Demidova

 

=============

 

これらは各セッションのほんのいくつかのポイントと印象に過ぎません。各発表者は、それぞれの発表をユニークなものにしたいくつかの事柄について、詳細とデモンストレーションを提供しました。他にも多くのポイントがあり、多くの重要な教訓が得られましたが、ここで言及するには多すぎます。しかし、このコングレスに出席した人たちは皆、間違いなくアメリカンスタイルをより深く理解しました。この素晴らしいイベントには参加しなかったが、上記で述べたような完全な情報を得たいと思っている人のために、過去のアメリカンスタイルコングレスのビデオもあります。

 

 

2020年のアメリカンスタイルコングレス

www.nydancefestival.com

 

2019年のスケジュール

www.nydancefestival.com

 

参照

 【アメリカンスタイルとインターナショナルスタイルの違いについては下記の2つの記事を参照ください】

mochineco.hateblo.jp

 

 

【基本的なフィガーやルーティン、ソーシャルスタイル、アメリカ・カナダやヨーロッパで踊られるパーティダンスについては、次の2つの記事に動画をまとめてあります】

mochineco.hateblo.jp

mochineco.hateblo.jp

 

 


mochineco.hateblo.jp

 (このページはDanceCompReviewより翻訳許可を得て訳しています)