もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

コネクション/接続すること

socialdance.stanford.edu

 

 
ソーシャルダンサーやインストラクターは、パートナリングにおけるコネクションの重要性を強調しています。

 

コネクションには身体的なものと精神的なものの2種類があります。

身体的なコネクションにだけ取り組んだ後にやめてしまう教師も一部いますが、私はこの2つのコネクションは、心と体と精神の心身一体的なつながりであるダンスのパートナリングにおいては、どちらも不可欠であり、切っても切り離せないものだと思っています。

身体的なコネクション

コネクションとは、ダンスをしていて自分とパートナーがどう感じるかということであり、どう見えるか、見た目ではありません

クローズドダンスポジション(「ワルツポジション」)のフレーム内でのコネクションのテクニックは、ワルツからタンゴ、スウィングまで、ダンスフォームによって大きく異なります。 ブルースと競技の社交ダンスでの身体的なコネクションは、広いスペクトルの両極端にあります。

 

しかし、一般的には、あなたとパートナーがクローズド・ポジションにいるときは、手は締め付けずに、腕は硬くならずに、楽に腕を組んでホールドします。一部のパートナーダンスでは(すべてではありません)、リードの左手とフォロワーの右手は、お互いに軽く握ります。 リードがもう少し圧をかけると、フォロワーは、それに一致するように背中を張って呼応し、「私は何にでも準備ができている」と自信を示します。

社交ダンスの身体的なコネクションは、バランスがとれた互恵的なものです。

 

いくつかのダンスのフォームでは、手をがしっかりと組まれていません。 その代わり、フォロワーはリードの右腕で支えられています。 いずれにしても、手を組むか組まないかに関わらず、ねじったり、引っ張ったり、ツボを突いたりするのではなく、ボディリードでリードの体のコアからフォローの体のコアへとリードします。 フォロワーは、安定して、双方向に支え合うように、体のコアから応答しましょう。

 

スウィングダンスは、多くの場合、片手もしくは両手でコネクションします。 あなたの手は、相手の手をがっちり握り込むことなく、楽に圧をかけたり/押したり、キャッチしたり/引いたりしており、腕は、柔軟性が無かったり、麺のようにならずに、しっかり安定しています。

 

引く(pull)時は、水上スキーを考えてください。引くことは、体のコアにつながっているからです(押す(push)と同じく)。
あなたのパートナーのバランスがとれた互恵的な圧とテンションに、正確にマッチするようにしてみましょう。

 

精神的なコネクション


精神的なコネクションを最も簡単に説明すると、次の3つです。

【1】

あなたのパートナーは、感情を持った、生きたている、思いやりのある人です。あなたの学習を支援するための練習用の物体ではありません。優しさ、思いやり、あなたは十分な注意を払ってパートナーを扱ってください。 ダンスクラスでは、パートナーがあなたに助けてほしいと思っている分、上達するのに手を貸すようにしてください。

 

【2】

パートナーとの最高の心のつながりは、エンパシー(Empathy)です。

(エンパシーとは、 自分と違う価値観や理念を持っている人が何を考えるのか「想像する力」のこと。シンパシーが感情的に作用することに対して、エンパシーは知的に考える作業のこと)

エンパシーとは、自分のダンスがパートナーにとってどのように感じられているかを、パートナーの視点から意識することのようなシンプルなことです。 このエンパシーでのコネクションのゴールは、パートナーの経験を向上させることであり、おそらく、よりはっきりしていて快適なリード、より思いやりのあるフォロー、または心強い笑顔です。

 

【3】

コネクションは理想的には双方向の会話です。 リードは、フォローの解釈の種々の選択、身体的なコネクションの安定さや軽さ、スタイリング、新しい様々な工夫に気をつけ続けます。 リードとフォロワーは常にこのバランスの中で相互に適応し、調整しています。 誰もが踊り、誰もが踊らされることはありません。

 


音楽性(ミュージカリティ)は、リード、フォロー、音楽の間の三方向のダイナミックにおける精神的なコネクションのもう一つの部分です。

しかし、これはそれ自体が長い議論になるので、このページではできるだけ簡潔にしています。

 

繰り返しになりますが、コネクションとは、ダンスがあなたや、あなたのパートナーにとって身体的的、感情的、音楽的にダンスがどのように感じられるかということです。 あなたがパートナーの楽しさを手助けすれば、あなたももっと楽しくなります。

 

======

リチャード・パワーズアメリカを代表する社交ダンスの歴史学者であり、歴史的および現代の社交ダンスを40年間教えています。彼は世界中でワークショップを主催しており、現在はスタンフォード大学のダンス学部の常勤講師を務めています。19世紀と20世紀初頭の社交ダンスを中心に、過去5世紀の社交ダンスを研究してきました。彼は1981年に「ビンテージ・ダンス」という言葉を作りました。現代の社交ダンスに関しては、リチャードが強調するのは、柔軟で注意深いパートナー関係、創造性、個人的なスタイルの開発、そして様々なパートナーのダンススタイルに適応する能力です。30数回の来日経験もある。

 

http://richardpowers.com/

(原著者から許諾を取り、翻訳しています)

 

リチャード・パワーズによる記事の翻訳は以下がある。

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp