もちねこのペアダンスメモ

もちねこのペアダンスメモ

異国のダンスを学ぶ

社交ダンス界のテンポを超えた分裂

 

この記事はイギリスの社交ダンススタイルの進化 の関連記事です。

 

socialdance.stanford.edu

 

 

1929 年の大会議では、社交ダンス音楽とそのテンポを標準化することが合意されました。ダンスバンドがこれらのテンポを守るように要求されていることに注意してください。また、フォックストロットとクイックステップ(ファスト・フォックストロット)のテンポの差が大きいことにも注目してください。

 

 

(フォックストロット、クイックステップ、タンゴ、ブルース。
5. 十分な実験を行った後、これらのダンスを演奏するのに最も適した速度が合意され、すべてのバンドがこれらの速度を守ることでダンサーの道を楽にするのに役立つことが望まれる。)

 


この標準化が問題となったのは、ロンドンで最も人気のあるダンス・バンドはヨーロッパを巡業するアメリカのバンドで、大会議で定められたテンポだけでなく、あらゆるテンポでダンス・ミュージックを演奏していたからです。

 

 

アメリカでは以前、ルディ・ヴァレがフォックストロットをスロー・フォックストロットとクイックステップの中間のスピードで演奏する習慣の指針を与えていたようで、短期間で私達ウエストエンドとショーバンドは彼の手本に従っていました。この新しいスピードは、スローフォックストロットやクイックステップにしか慣れていなかった生徒たちを完全に混乱させ、レッスンでステップを覚えるのに多くの時間とお金をどぶに捨てたのに、高級レストランやホテルにダンスに行った時には全く使えない!と文句を言っていました。


1934年1月号の『ダンシング・タイムズ』の編集者(リチャードソン)は、標準化されたステップやテンポに反対するダンサーたちの反乱を報告しています。


すなわち

この3ヶ月間、「非公式な」スピードや混雑したフロアで演奏される音楽に合わせた「ルーティン」を見つけようとする非常に多くの試みは、「私達はブルース、スロー・フォックストロット、クイックステップだけを踊らなければならない」という考えに反発していることを示しています。


ダンサーは長い間、バンドに言ってきました。
「私たちが学び、完成させたルーティーンはその速度でしか使えないから、あなたの曲は特定の認識された速度で演奏しなければならない」

 

バンドはダンサーに「私たちは作曲家が意図した速度で演奏しなければなりません。 つまり、その意味は、それ以外のスピードで演奏するのは最も非芸術的であり、最も間違っているということです。 さらに言えば、あなたが真のダンサーならば、本当の意味で、どんな速度にも合うようにルーティンを変更できるはずですよね」

 

ここ数ヶ月の出来事は、多くの人々がバンドの見解に近づいてきているという事実を示しています。

 

翌月、ラルフ・ムーディ夫人から具体的な提案がありました。 競技会はイギリス人が社交ダンスの芸術を進歩させる方法だったので、彼女は新しいダンスミュージックに適応する能力で競技会を開催することを提案しました。

 

今、私たちのダンサーたちに、現在演奏されているリズムとテンポを解釈するテストをさせてみてはどうだろうか?

これはつまり、古臭いフォックストロットの競技会を開催するのではなく、審査員と競技者の両方に合うように、バンドが固定されたテンポで演奏するのではなく、全く新しい発想で競技会を開催してみてはどうだろうか、ということです。

バンドリーダーに、少なくとも 4 つのフォックストロットを、それぞれ異なるテンポで演奏するように依頼しましょう。 そのテンポに合わせた動きとステップをすることが競技者のためのテストであり、審査員には、本当の意味での最高のダンサーを選ぶことが求められるのです。

本物のダンサーは常に音楽を解釈すべきだと私は考えている。 バンドには「これが私が学んだステップだから、それに合わせて踊れるような音楽を演奏してくれ」とは言わないでほしいです。


ダンス音楽の標準化

その代わりに、社交ダンス協会は、新しい音楽に適用したいと考えていた人たちを「レストランダンサー」と呼び捨てにして退け、逆のアプローチを取りました。


レストランダンサーと競技ダンサーの間には溝が広がっています。 前者は己のダンスをあまり考慮しません。 言う慣れば、彼は、音楽により興味を持っている。 一方、競技ダンサーは自らのダンスに真剣に取り組んでいます。 つまり、彼にとってはダンスがすべてであり、「音楽はダンスの奴隷でなければならず、姉妹ではない」のです。

 

翌年の 1935 年、音楽を「姉妹ではなく、ダンスの奴隷」にしようとする探求において、イギリスの世界チャンピオンであるビクター・シルベスターは、社交ダンスの為の認可された録音を行う英国初の「ストリクト・テンポ」オーケストラを結成し、今日まで続いている標準テンポでの社交ダンス音楽の公認録音を行いました。

 

~~~~

リチャード・パワーズアメリカを代表する社交ダンスの歴史学者であり、歴史的および現代の社交ダンスを40年間教えています。彼は世界中でワークショップを主催しており、現在はスタンフォード大学のダンス学部の常勤講師を務めています。19世紀と20世紀初頭の社交ダンスを中心に、過去5世紀の社交ダンスを研究してきました。彼は1981年に「ビンテージ・ダンス」という言葉を作りました。現代の社交ダンスに関しては、リチャードが強調するのは、柔軟で注意深いパートナー関係、創造性、個人的なスタイルの開発、そして様々なパートナーのダンススタイルに適応する能力です。30数回の来日経験もある。

http://richardpowers.com/

(原著者から許諾を取り、翻訳しています)

 

リチャード・パワーズによる記事の翻訳 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp

 

 

mochineco.hateblo.jp